貴乃花親方の処分決定!そしてホリエモンとの関係性とは!!

こんにちは!soraです!

最近テレビをつけると相撲関係の話題が多いですね!

相撲に興味ない人には、関係ない!

と思いがちですが、

私、この一連の騒動から、あのホリエモンとの関係性を

見出しました!

ちょっとそのことについて書かせていただきたいと思います!

スポンサーリンク



貴乃花親方の一連の騒動とは

まず貴ノ岩の暴行事件から始まり、そして日馬富士の引退、

そして、

日本相撲協会は1月4日、臨時の評議員会を開き、元横綱日馬富士関の暴行事件をめぐって、理事で巡業部長を務める貴乃花親方の理事解任を決議した。日本相撲協会の理事が解任されるのは初めてで、貴乃花親方は役員待遇の委員に2階級降格する。NHKニュースなどが報じた。

協会の臨時理事会は2017年12月28日、調査に非協力的だった貴乃花親方を理事から解任して降格させる意見をまとめ、臨時評議員会に提案していた

HUFFPOSTより引用

日本相撲教会の理事が解任されるのは、前代未聞のことであります。

しかし二月に予定されていた、理事候補への選挙は立候補は可能でした。

日本の相撲協会の改革を目指すべく独自のアイデアを繰り出し、

そこの、実現へと向かっている貴乃花親方であります。

そもそも貴乃花親方の相撲協会改革案というものは、

タニマチ依存の改革
チケットの売り方
小学校に土俵
呼び出しサンの給料アップ

相撲道教習所の設立

など、実現性が乏しいところであります。

しかし一般の方々の中には、現状の相撲協会に飽き飽きされ、

貴乃花親方の相撲改革に期待する声も上がっています。

アイデアはどうであれ、現状を打ち破りたいという心意気は

   素晴らしいと思います!

その後、二月の理事選挙にも。残念なことに落選してしまい、

そして、、政府の方に告訴状を提出しようとの動きがあったわけですが、

自らの部屋の、貴公俊の付き人暴行事件が起きてしまい、自らの監督責任を

認め、政府への告訴状を取り下げるという流れになっています。

日本相撲協会を揺るがし続けた暴力問題は見事に貴乃花部屋へブーメランした恰好です。

Twitterから引用

スポンサーリンク



ホリエモンとの関係性とは?

こんな流れで一連の騒動が終結を見せているように見受けられますが、

貴乃花親方も、今回の貴公俊暴行事件によって、

「すべてをゼロにして一兵卒として出直し、精進する」と語っております。

ここで、ホリエモンとの関係性ですが、

貴乃花親方もホリエモンも若くして社会的に大きな成功を納めた、

誰もが認める成功者です。

若くして、血のにじむような努力を自分に課し、高い目標を自らに設定し、

類まれな度胸で色々な修羅場をくぐり抜けて来たに違いありません。

そして、

栄光と成功を獲得しました。

その実績は素晴らしいものでありますが、

若くして成功したため、謙虚な気持ちを、

どこかに置いて来てしまったのかもしれません。

ホリエモンは、ニッポン放送の買収という行動に走り、

また、

私が思うところ、貴乃花部屋に相撲協会改革という雰囲気を醸し出し、

それに感化された部屋の力士が様々な問題を引き起こし、

一連の騒動に発展した。

ということでしょうか。

ことわざでも、

『実るほど、こうべを垂れる稲穂かな』

ということわざもあります。

また、かのpanasonic創始者の「松下幸之助」さんも、

逆境であれ、順境であれ、その与えられた境涯に素直に生きることである。謙虚の心を忘れぬことである。素直さを失った時、逆境は卑屈を生み、順境は自惚れを生む

と語られております。
ホリエモン、貴乃花親方のお二方とも、
    
   類まれな順境からきた素直さの欠けた、自惚れ!
ではないでしょうか。
そしてその自惚れとは、人間誰でもが持っっている
人間としての弱さでもあるわけです。
いい意味でいえば人間らしいとも言えると思います。
しかし、
謙虚さを忘れてしまった、二人は、
ホリエモンの場合、
社会のおかげで、
インターネットの世界で大成功を納めた、という恩を忘れ、
また、貴乃花親方も、
相撲協会のおかげで自分が大成功を納めたという
恩を忘れて、
勝気な姿勢が傲慢という形に変わってしまい、
かたや、罪を償い
また、理事を解任そして、2階級降格、
という結末になりました。。。。
やはり長いものには巻かれた方がいいんですかね。
でも貴乃花親方も、
理事解任、ブーメランという結末でまだよかったんではないでしょうか。
貴乃花の相撲協会改革という意気込みを大切にして
これからは、謙虚な姿勢で望めば、
相撲協会、貴乃花親方の双方が
これからの発展を望んでいけるのではないでしょうか!
これからの貴乃花親方の活躍に期待です。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする