母親 2才の長男を車でひく!!群馬 沼田市 日曜日の悪夢!!

20日午前10時ごろのことです。

平和なはずの日曜日の家庭に悪夢とでもいうような事故が起きてしまいました。

悲しいことですね。

群馬県沼田市の住宅の敷地内で、

37歳の母親が運転する車に2歳の長男がひかれました。

男の子は病院に搬送されましたが、死亡しました、とのことです。

スポンサーリンク



事故の詳細

20日午前10時ごろ、

沼田市に住む上原真澄さんから「男の子を車でひいた」と119番通報がありました。

消防などが駆け付けると、玄関付近で長男の和真ちゃんが頭から血を流して倒れていて、

病院に搬送されましたが死亡しました。

警察によりますと、上原さんは和真ちゃんと一緒に公園に行くため、

車をバックで自宅の敷地から出そうとしていた時に和真ちゃんに気付かずにひいてしまったということです。

警察は事故の状況を詳しく調べています。

日曜の午前中に色々この上原さんは忙しかったんでしょう。

多分、朝から普段の平日にはできない用事がたて混んでおり、

心に余裕がなかったんでしょう。

スポンサーリンク



事故の背景

この事故が起きた時間は、朝の10時ごろであり、

容易に日曜のお母さんが忙しいのが手にとるようにわかります。

普段の平日から、

日曜に、なったら、これしよう、あれしようと色々予定を立てるものです。

そんな、日曜のお母さんは、公園に家族とともにいくことが、

とても楽しみな気持ちで少し焦っていたのかもしれません。

早く、家族共々、近くの公園で楽しいひと時をすごしたかったんでしょう。

しかし、そこで車をバックさせるときに、肝心の息子の和真ちゃん

の存在を忘れ、

そして車を移動させるときにこの悲劇が起きてしまいました。

楽しいはずの、日曜の平和な家庭に訪れた悪夢でしょうか。

ひいてしまったお母さんも決して悪気はありません。

ただ、ちょっとの確認を怠っただけの話であります。

そして和真ちゃんは病院に搬送されましたが、

周りが望む結果には至りませんでした。

しかし、このような事故は、過去にも色々あったようです。

子供が落ち着きがなく、また体も小さいために、

車を運転する側からすると、バックミラーとかでも死角に入ってしまい

気がつかなかった。という状況に陥ってしまうのでしょう。

ここがこういう事故の盲点となっているところであると思います。

また似たような事故でも、

コンビニとかの駐車場でも同じようなことがいえてくると思います。

ましてや、日曜日のコンビニとでもなると、

家族全員でよく近所のコンビニに繰り出しているのが

よく見かけられる光景ではあります。

ここでもやはり、この事故と同じような危険が潜んでいて、

小さい子供は落ち着きがなく、日曜の楽しさから親のいうことも聞かずに

ウロウロと落ち着きがない行動をとり、

またその小柄な体から、車を運転する側からしたら、

確認がとりにくいという状況になりやすいと思います。

家の駐車場で、今回の事故は起きてしまったんですが、

実は駐車場というのは、もっとも事故が多い場所であります。

つい気を緩みがちですが、よりいっそうの確認の徹底に

勤めたいところではありますね、

今回の事故も、非常に悲しい事故であります。

お母さんの気持ちの回復を願いたいものです。

コチラはネットの声です。

min***** | 12時間前
なぜ先に子供を乗せなかったのか疑問。
道路や駐車場でもチョロチョロしてて、小さかったら危険もわからないから親の責任。

20447
3212
>> 返信コメント 303件
tlMz | 12時間前
お子さんは誰かが見ている人がいたのでしょうか。で、一瞬目を離した隙にバックしてきた母親の車にひかれた…。
ショッピングセンターやこども園などの駐車場でも目や手を離す親が多い気がします。
車から安全な場所までは気をつけましょう。こんな事故は勘弁です。

13665
1605
>> 返信コメント 50件
swe***** | 12時間前
時々こういう痛ましい事故がありますよね。
家族が家族を誤って轢いてしまうって本当に悪夢だと思う。
亡くなったお子さんは気の毒ですがお母さんの気持ちを考えるといたたまれません。
多分自分を責めて十分に悲しんでいる時だと思うので周りの人はなるべく責めないで支えてあげて欲しいで

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする