井上コーチ会見 辞任表明!まさかこんなに大ごとになるなんて!!

こんにちはSORAです!

最近テレビのワイドショーを賑わしている、「日大アメフト部の悪質タックル」

の問題ですが、この問題が発覚して、関西学院の方から色々あり、タックルを受けた

選手が結局大怪我をおってしまい、その後に被害者である関西学院の生徒の

父親から警察の方へ、被害届まで出してしまうというという結構な大ごとにまで発展

してしまいました。

(Twitterから引用)

スポンサーリンク



この悪質タックル事件の一連の流れ

まずこの事件の一連の流れから説明すると

まず、日大アメリカンフットボール部の宮川泰介選手(20)が悪質な反則行為で

関学大の選手を負傷させた問題ですが、この試合でこのような悪質タックルを3回も

おこない退場処分とこの宮川選手はなりました。

もちろん無防備なところを後ろからタックルされた関西大の選手は大怪我をしてしまい

それが、のちに大問題となり、

様々な大学から試合を行うことを辞退されるというような事態になりました。

そして、日大監督である内田氏のこのタックルへの指示があったかというところに焦点が

移り、それが世の中、そして周囲に人からに追求されるようになりました。

しかし、日大の今となっては前監督である内田氏は頑なに「謝罪」という2文字からは遠ざかっていました。

だが、世の中のプレッシャーには勝てずに

内田前監督の会見を開くことになってしまうことになりました。

そこでも内田前監督はピンクのネクタイという場の雰囲気を読めない服装でのぞみ

周囲の反感を買うのであります。

しかし、そこでその当時日大アメフト部の監督であったという立場を辞退するという意向を示しました。

そしてそこでやっと関西大学への謝罪もおこなおました。

やっとです。「かんせい大」を「かんさい大」とまで言い間違えていましたが、、、

ですが、選手には悪質タックルへの指示はなかったということを強調するのでありました。

そして最終的には被害者である関西学院の生徒の父親から警察の方へ被害届まで

出されるという事態にまで発展してしまいました。

そして、その会見を経て、今度は張本人である、

日大アメフト部の宮川泰介選手(20)が会見を開きました。

その席で宮川選手は相手の選手を潰せというような指示が監督からあったと

堂々と会見で発表しました。

その前からも監督からの宮川選手に対するプレッシャーは強いものがあり、

「日本代表を辞退しろ」「試合には出さない」などと様々なプレッシャーを受けていたそうです。

日本代表まで行くような選手であったこの宮川選手もこの監督との

間で、相当悩んでいたようです。

そこから、監督の「相手の選手を潰せば試合に出してやる」

というような指示があり、井上コーチからもやらなくてはいけないような

プレッシャーを感じこの悪質タックルへと流れていきました。

退場となった後でベンチで泣き崩れる宮川選手

そしての内田監督は会見で関西大への謝罪もありました。

これもだいぶ遅れて周りからヤイヤイ言われたのちであったので、

被害者側からすれば、あまり納得のいかないものであったと思います。

その後に、引っ込みがつかなくなったような感じで今度は

井上コーチの会見が行われたのであります。

スポンサーリンク



井上コーチの会見の詳細

悪質タックルへと導くような指示を出したと言われるもう一人の

張本人である井上奨コーチ(30)の会見が行われたのであります。

会見では

指導者からの「1プレー目で相手のクオーターバックをつぶせ」という発言の解釈を巡り、

選手の受け止めと大学側の主張は食い違っており、

再回答でどう説明されるかが焦点となる中、

井上コーチは「宮川選手に『QBを倒してこい』と言ったのは真実です」と語った。

その上で「けがをさせろとは言っていない。

『それぐらいの気持ちで行ってこい』と言った。

けがを目的とした指示はしていない。思いきりいけということ」と釈明した。

また宮川選手を「本当に優しい子」と評し、

「闘争心を植え付けたかった。過激な表現になって圧力をかけてしまった。

本当にそういう気持ちにさせたのは申し訳なかった」と謝罪した。

「関学大との定期戦がなくなってもいい」とする発言については「言っていない」と否定した。

宮川選手の会見については

「一番密に接していたのは私なので、複雑な思いではあった。

それしか表現できない」と肩を落とし、

「言葉のかけ方が彼にとっては違ったのかなと。試合までの持っていき方、

指導の仕方が悪かった」と自身を戒めた

(SANNSPO.COMより引用)

またこの会見もしどろもどろであったと言います。

どうやらこの事件は宮川選手の置かれていた状況と宮川選手への監督等の指示と

その受けとり方の違いがキーポイントとなっているようです。

しかし、この悪質タックルを行った後に、宮川選手の頭をポンポンするなどという

側から見れば「よくやった」的な反応を示していたことなどから考えると

宮川選手の非はあまりなかったようにも感じられます。

どちらにしても、

このような事態の記者会見でピンクのネクタイをつけてきた内田前監督。

記者会見で、しどろ戻ろの井上コーチ。

この記者会見で一番立派に見えるのはあの宮川選手でしょうか。

やはり内田前監督や井上コーチからは誠意というものは感じられません。

また、これから関西大学の被害者などの記者会見も開かれるというので、

引き続きこの事件の事態は流れて行くでしょう。

(Twitterから引用)

スポンサーリンク



まさかこんな大ごとになるなんて

張本人の内田前監督、井上コーチ、もまさかこんな大ごとになるなんて

という気持ちが大きいと思います。

これは普段からの行動の延長で起きたことでしょう。

しかし、ちょっと何かボタンをかけ間違えたのかもしれません。

でも、このような事態にまで発展してしまい。

当の宮川選手も今回のことを受け

「もうアメフトはやらない」

とまで言っています。

日本代表にまで選ばれていた才能が、悔やまれます。

しかし、あそこまでの堂々とした記者会見は非常に立派であり、

逆に、これからの人生が楽しみです。

しかし考えて見ると、

最近。こういうスポーツ界のすったもんだが多いですね。

相撲。レスリング。アメフト。などです。

こんなスポーツ界の状態で2年後に行われる

「東京オリンピック」

大丈夫なんでしょうか。

しかし。

色々なことがあるからこそ次へ生まれ変われるということもあります。

そうです。

今はスポーツの世界の大変革期かもしれんません。

2年後の東京オリンピックに向けて今日本のスポーツという世界が

変わりつつある段階かもしれません。

このアメフト問題もより一層の検証を重ね、

このことでまた日本のアメフトという世界の一つのステップアップになれば

いいですね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする