清水麻美顔画像徹底調査!いきなり背中を刃物で!!

こんな普通に道を歩くのも怖くなるような事件の犯人が捕まりました。

先月、千葉県流山市の路上で、男性が背中を刃物のようなもので刺されけがをした事件で、

警察は、現場近くに住む33歳の女を殺人未遂の疑いで逮捕しました。

この33才の女は 現場近くに住む無職の清水麻美容疑者(33)であります。

この事件の詳細、動機などはどんなもの出会ったのでしょうか。

スポンサーリンク



この事件の詳細

この事件は先月20日、流山市東初石の路上で、

歩いて帰宅途中だった会社員の男性(58)が、いきなり背中を刃物のようなもので刺され、重傷を負ったものです。

警察は、防犯カメラやドライブレコーダーの映像解析をするなど捜査を進めた結果、

殺人未遂の疑いで、現場近くに住む無職の清水麻美容疑者(33)を逮捕したと発表しました。

警察によりますと、清水容疑者と男性の間に面識はなく、取り調べに対し、

清水容疑者は「交通上のトラブルから口論になり、腹が立って刺した」などと容疑を認めているということです。

現場は、このアタリでしょうか。

現場付近の画像です

こんなような感じのところで、いきなり背中をですか。

またこの清水麻美容疑者の顔画像などを、フェイスブック、Twitterなどで

徹底的に調査いたしましたが、残念ながら特定には至りませんでした。

またわかり次第、追記していきたいと思います。

スポンサーリンク



この事件の背景

歩いて帰宅途中の会社員の男性(58)が、

いきなり背中を刃物のようなもので刺されて重傷を負ったものですが

この事件の発生した時間帯を考えると、サラリーマンが帰宅の時間なので、

夕方、もしくは夜の早い時間帯であることでしょう。

暗い夜道でいきなりは背後からでしょうか。

そして気になるところの犯行動機ですが、

この清水容疑者が言うには、「交通上のトラブルから口論になり」とあります。

清水容疑者は車にでも乗っていたのでしょうか。

それとも自転車であったのでしょうか。

そもそも、交通上のトラブルという表現が曖昧すぎると思います。

ただ単に、自分がむしゃくしゃして何かと理由をつけて犯行に及んだ可能性も否めないです。

被害者の男性も重傷をおったにも関わらずに、命には別状なかったようでありまして、

そこらへんが不幸中の幸いとでも言えるでしょうか。

先月の20日に発生したこの事件でありますが、

やっと収束を迎えたようで付近の住民の方々の安堵感もひとしおだったと思われます。

警察のたゆまない捜査のおかげでしょうか。

こんな事件がもし、多発するようでしたら夜道を歩くのも

ちょっと怖くなりますね。

ましては流山の事件のあったあたりは、夜になると街灯も少なく、

暗い夜道という感じでしょうか。

しかし警察の懸命な捜査のおかげで、私たちも安心して暮らしていけます。

ありがたいですね、

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする