浅井元貴顔画像徹底調査!1才の娘にヘアアイロンを当てただけ、、、

非常に悲しい事件が起きてしまいました、

この浅井元貴という男は、交際相手の1才の女の子になんと、

あのヘアアイロンを押し付けたということです。

なんとまあ、この女の子はかわいそうに、この女の子が

何をしたっていうんですかね。

スポンサーリンク



この事件の詳細とは

傷害の疑いで逮捕された自称・小売業の浅井元貴容疑者(22)は27日、

大阪市内の自宅に遊びに来ていた交際相手の女性の1歳の娘が、

泣きやまないことに腹を立て、右耳と右手の甲にヘアアイロンを押しつけ、

全治3週間のやけどを負わせた疑いが持たれています。

当時、女の子の母親は外出していました。

調べに対し、浅井容疑者は「ヘアアイロンを押しつけていない。当てただけ」

と容疑を否認しています。

(ABOテレビより引用)

とまあこういう風に報道されています。

「ヘアアイロンを押し付けていない、当てただけ」とはどういう言い訳なんでしょうか。

そんな言い訳はどこの世界でも通用しません。

なんという人間でしょう。

今回、このようなことで逮捕されたわけですが、

今まで生きてきて、このような考え方ならこれからどんな余罪が

出てくるかわかりません。

警察のさらなる追求を望みたいところです。

なんの罪もない1才の女の子になんてことを、、、、

またこの浅井容疑者の顔画像をフェイスブックなどで徹底的に調べましたが、

残念ながら特定には至りませんでした。

またわかり次第追記したいと思います。

スポンサーリンク



この事件の背景には

乳幼児期というものは、予測できない行動を起こして見たり、暴れたり、

いきなり大きな声で泣き叫んだりなど、

当然ですが、大人の言う通りには動いてくれない時が多々あります。

実の親でも時に追い詰められるような状況の中などもあります。

俗にいう夜泣きというものでしょうか。

そんな、状況が、この浅井容疑者にも訪れ、

ましてや、「血がつながっていない」「実の父親が自分ではない」という背景がある

と、自分の家にやってきた交際相手の娘さんを

なお憎らしく感じてしまうのでしょうか?

また娘さんもこの男は、自分の父親ではないとか

幼い子供でもその辺は感じ取ってしまうのでしょうか。

だからと言って、自分の娘ではないと言っても、

こんなことをするという発想は浮かんでこないのが普通です。

それに、この浅井容疑者の交際相手の娘さんです。

よくそんなことができたと思います。

そして、浅井容疑者の交際相手の女性も、この男の素性みたいなものには

気がつかなかったんでしょうか。

女性の方も、この浅井容疑者に惚れていてしまって、

そこらへんも、見えなくなってしまったんでしょうか。

そういう、隙間に起きた事件かもしれません。

この女性もまさかこんなことをする男性とは、思っていなかった。

というところが実情でしょうか。(確実な情報ではありません)

しかし、一番の被害者はこの1才の女の子です。

お母さんがいない時にこんなことを知らない男にされるなんて、

かわいそうですね。

この女の子の傷が綺麗に治ってまた元気になってもらえるように、

願うばかりです。

私たちも、交際相手を選ぶときは、よく考えた方がいいんですかね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする