旭川の国道で死亡事故!画像アリ 自転車が車の下敷きに!!

北海道の旭川でこんな悲惨な事故が起きてしまいました。

北海道旭川市の国道で5月30日夜のことです。

自転車と乗用車2台が絡む事故があり、自転車を押して道路を渡っていた70代の女性が死亡しました。

なんでこんな悲惨な事故が起きてしまったんでしょうか。

スポンサーリンク



この事故の詳細

30日午後7時45分ごろ、旭川市神楽岡14条9丁目の国道237号線で、

乗用車が自転車と接触し、さらに後続のRV車が乗用車に追突しました。

この事故で自転車を押して道路を渡っていた近くに住む宮島陽子さん(75)が乗用車の下敷きになり、

病院に運ばれましたがまもなく死亡しました。

また、RV車の助手席に乗っていた女性も体の痛みを訴えています。

現場は片側2車線の直線道路で、宮島さんは横断歩道でない場所を渡っていたとみられ、

警察は事故の状況を調べています。

(UHB 北海道文化放送より引用)

なんとこの被害者は暗い夜道を横断歩道のないところを横断していた

ところを車に引かれた模様です。

この事故現場

ここら辺でしょうか。

この画像でもわかるようにこの事故の衝撃はとてつもないものですね。

スポンサーリンク



この事故はどうして

この事故は30日午後7時45分ごろに旭川の国道で起きた事故であります。

この時間帯だともう真っ暗であります。

上記の画像からもわかるように、このアタリは街灯も多分少なく

北海道らしくずーっとつずくながい直線道路で起きたように考えられます。

暗い夜道で車からしたら、視界は相当悪くなります。

そんなところへ、自転車の小さなあかりで渡って来られても

車からはわからなかったんではないでしょうか。

そして後続の車とともにこの女性を引いてしまったんでしょう。

しかし、日本の交通法規は弱者救済が基本にあるので、

この場合も車の方に責任は出てくるでしょう。

どんな暗い夜道でも、よそ見をせずにしっかりと前を見るのが

運転の基本です。

この事故はそんな運転の基本を忘れたことに夜事故ではないのでしょうか。

しかし、被害者の女性もかわいそうですね。

こちらはネットの声です

  • 旭川は老人ばかりだし交通量も少ないから、運転者も、歩行者もおおざっぱ。最近はこんなのばっかり。

  • tam*****

    | 

    夜に乱横断とか常識が無いのか。
    加害者が気の毒だ。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする