野崎幸助 嫁の顔画像アリ!私がいつも一番近くにいました!

こんにちはsoraです!

みなさん!

「紀州のドンファン」っていう野崎幸助さんをご存知ですか?

和歌山県田辺市の会社経営者であり、資産70億円 愛した女は4000人という人です!

すごい人ですね!

その偉大なる「紀州のドンファン」が和歌山市内の自宅で全裸で怪死をしていたそうです!

なんとも何かありそうな雰囲気ですね!

和歌山県田辺市の金融・不動産関連会社社長、野崎幸助さん(77)が24日、

自宅で死亡し、遺体から多量の覚醒剤成分が検出されたことが、

捜査関係者への取材で分かった。

何者かが故意に摂取させた可能性もあるとみて県警が調べている。

野崎さんは資産家として知られていた。

捜査関係者によると、

野崎さんは24日夜に同市朝日ケ丘の自宅で倒れ、その後死亡が確認された。

目立った外傷はなかったが、県警が司法解剖を実施したところ、

体内から覚醒剤成分が検出された。致死量を上回っていた可能性があるという。

県警は30日までに、野崎さん宅など関係先の現場検証や家宅捜索を複数回にわたって実施した。

覚醒剤の多量摂取と死亡との関連を調べており、周辺の関係者から事情を聴いている。

(毎日新聞から引用)

ちなみに、ご自身の本も出版されています!

スポンサーリンク



野崎幸助さんのプロフィール

名前 野崎幸助

生年月日 1941年生まれ

職業 金融、不動産関連会社社長

住所 和歌山県田辺市

亡くなった野崎さんは、田辺市で酒類販売業や金融業を営む資産家であり、

2016年にご自身の女性関係や半生などを表した本を出版しました。

そしてテレビや週刊誌にも取り上げられる話題の人となっていました。

そして16年2月に50才下の交際相手に6000万相当の金品を盗まれた事件で、

一躍、時の人となりました。その直後にこの本を出版したようです。

地元の中学校を卒業した後に、男性用ゴムの訪問販売や鉄くずひろいなどを

へて、酒類販売、貸金業様々な商売を手広く展開して、

無一文から巨額の富を築いたとされています

ちなみにドンファンとは

[1] ドンファンとはもともと17世紀のスペインにおける伝説上の遊び人のことである。このドン・ファン(Don Juan)は特にプレイボーイな貴族として語られることから、逆にプレイボーイのことをドンファンという。

[2] 週休二日制が導入される前の土曜日のように午前中だけ仕事で午後からは休みの日を半ドンと言う。この半ドンの倒語「ドン半」が音的に似ていることから、こうした半日出勤のことをドンファンという。

(日本語族語辞書から引用)

簡単に言ってしまえば「ドンファン」とは、

『プレイボーイな貴族』ということですかね!

このドンファンこと野崎幸助さんは、

週一回のペースで東京のデートクラブに出張して、デートクラブで相手をしてくれた女

性に一回30万から50万のチップを払うのがお約束であったそうです。

そしてこの野崎さんは高額納税者番付の常連であったそうです。

スポンサーリンク



この野崎さんの美人妻とは、その顔画像は、

都内に住むモデルのSさんという人です。

日本ではなく中国で活動している、と言っていました。

168センチのスレンダーボディにDカップの胸がせり出した、

まさに私好みのボン・キュッ・ボンの理想的なスタイルをしている方ですよ。

いま21歳なので、私とは55歳差ということになりますね。

周りからは『若過ぎる。犯罪じゃないか』なんて批判的なことを言われましたが、

まったく気になりません。恋に年齢は関係ありませんよ」

著書を出版してからというもの、“カネ目当て“の女性から、交際・結婚を求める手紙

を数多く受け取ったという野崎氏。

さしもの性豪も、カネばかりに目が眩(くら)む女性たちに対してやや食傷気味になって

いたが、Sさんの場合は、出会った瞬間に恋に落ちたという。

「彼女とは昨年の秋に出会いました。和歌山から東京へ出張した時、羽田空港に降り立った私は、年のためか段差につまずいて転倒してしまって。起き上がれず困っていたところに、手を差し伸べてくれたのが彼女だったんです」

そこですぐさま、

「僕の最後の女性になってくれませんか? キミをピンク色に染め上げたい」

と、交際を申し込み、その後は京都の清水寺に旅行するなど、順調に愛を育(はぐく)んでいったという。結婚を受け入れた理由について、Sさんはこう語る。

「とても優しい方で、私のことを一心に思ってくださるので、プロポーズをお受けしました」

(FRIDAYより引用)

まさにこのドンファンのお眼鏡にかなった女性こそが、この美人妻のSさんでありました。

きっと幸せだったでしょう!

この画像から見てもいかにも美人そうですね!

この美人妻であるSさんの顔画像を徹底的に調査いたしましたが

残念ながら特定には至りませんでした。

またわかり次第追記したいと思います。

スポンサーリンク



全裸で怪死の野崎さん

毎日新聞の報道からもわかっていただけるように、

遺体からは多量の」覚せい剤成分検出されたことが、

捜査関係者の調査でわかりました。

何者かが故意に摂取させた可能性もあるとみて県警が調べています。

これは明らかに他殺の可能性が高いですね。

しかも真っ先に疑惑の目が注がれるのは一番身近にいる人間です。

この野崎幸助さんも、

若い頃苦労して、巨万の富を築き愛した女は4000人と豪語していますが、

最近の若い女性は、お金のためにはSEXはビジネスと簡単に割り切っています。

よくいう売れないアイドルほどこの傾向が強いらしいです。

果たしてこの野崎さんが愛した4000人のうち本当の愛情があった女性は、

何人いたのでしょうか。

巨万の富を自分の快楽のためにつぎ込みそこに生きる意味を、自分なりに見出し、

次々と女性との快楽に身を投じ、

結末がこういうことになってしまったのでしょうか。

現状で言えることは、悲しい結末であります。

お金はツールでしかないという人もいます。

お金を追えばお金は逃げていくとも言います。

人間の本当の幸せとは「お金」でしょうか?

そりゃあある程度のお金は必要です。

またこの野崎さんのように苦労してお金を稼ぐことでも

自分という人間は成長していきます。

それも大切なことであります。

この野崎さんは、お金と女と快楽に生きる意味を見出し

そこを追求していった最後はこういうことです。

このことは私たちに、

『人間の本当の幸せとはお金ではないんだよ』

とでもいっているかのようです。

スポンサーリンク



追記です。

野崎幸助さんの美人妻は「さっちゃん」であることが判明しました。

社長、死んだ……。亡くなった」

Kさんの沈んだ声が飛び込んできた。

信じられない。必死で声を絞り出した。

「いつ?」

「夜の10時に……。救急車を呼んだけどダメだった。遺体は警察に連れられて解剖されるって」

「さっちゃんはいる?」

さっちゃんとは、ドンファンが今年2月に結婚した、55歳年下の妻のことだ。ボクも何度も彼女に会っている。電話をさっちゃんに替わってもらった。

LivedoorNewsより引用

この報道からもわかるように。美人妻の名前は「さっちやん」であります。

そして、

覚せい剤…?

午後から夕方まで、葬儀屋の係員と葬儀の相談。その後もいろいろあるだろうから、とボクは自宅に泊まることにした。

さっちゃんとKさんが19時すぎに「スーパー銭湯」に出かけ、一人で留守番をしていると20時半にインターフォンが鳴った。画面には4人の私服の男女が。

「田辺署ですけど……」

捜査関係者だ。玄関に招き入れて話をしているうちに、21時すぎにKさんとさっちゃんの2人が帰ってくる。捜査関係者はそれを見て、

「ちょっと奥さんに署に来ていただきますから」

というと、強引にさっちゃんを車に乗せて走り去っていった。Kさんは一階寝室で休み、ボクもコンビニで弁当を買って22時には酒を呑んでリビングのソファーで横になった。体を揺り動かされて目を覚ますと見知らぬ男が立っている。

「和歌山県警です。家宅捜索ですので出て行って下さい……」

LivedoorNewsより引用

この美人妻である「さっちゃん」が警察に車で連行されていったという

報道がなされています。

やはりいちばん近くにいた美人妻に疑惑の目が注がれているんでしょうか。

これからの警察の捜査に注目です!

野崎幸助さんの美人妻である「さっちゃん」の本名と顔画像が特定されました。


(Twitterから引用)

とても美人な方ですね
この方が事件とどういう関わりがあるんでしょうか。

最後までお読みいただきありが乙ございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする