和歌山医大の医師スカート内盗撮!盗撮は電車に乗る時の秘かな楽しみです!!

今度は大学病院の医師がこんな破廉恥なことをしてしまったようです。

和歌山県立医大附属病院の35歳の男性医師が、

電車内で19歳の女性のスカートの中を盗撮したとして書類送検されました。

この和歌山医大の医師はこれが秘かな自分だけの楽しみであったようです。

スポンサーリンク



この事件の詳細

大阪府の迷惑防止条例違反の疑いで書類送検されたのは、

和歌山県立医科大学附属病院の35歳の男性医師です。

警察によりますと、医師は今年4月6日の午後5時ごろ、堺駅から天下茶屋駅へ向かう南海電車の車内で、

19歳の女性の後ろに立ち、スマートフォンを隠したカバンをスカートの中に差し入れ、

動画を撮影した疑いがもたれています。近くにいた会社員の男性(37)が犯行を目撃、

警察が医師が持っていたハードディスクを調べたところ、

30人以上の女性のスカートの中を盗撮した動画が保存されていたということです。

警察の取り調べに対し医師は「診察と論文のストレス解消です」と容疑を認めているということです。

MBSニュースより引用

この和歌山医大の医師は女性のスカート内の動画を30人以上を保存していたようであります。

何か商売でも始めるつもりでしょうか。

いやこの男性医師はこれが自分だけの秘かな楽しみであります。

スポンサーリンク



この事件の背景とは

このスカート内の盗撮をいくつもしていた男性医師は、警察の取り調べに対し、

「診察と論文のストレス解消です」と声高にいっているようでありますが、

そんなことは許されるはずがありません。

あなただけいいですよとでも言われたいがごとくの口調です。

私は大学病院の医師ですよと、

百歩譲って患者さんの為に、日々奔走しているようなのは認めるとしても、

こんな公序良俗に反する行為は誰しもが認めません。

そして、30人以上のスカートの中の動画を保存していたということです。

完全な確信犯です。

毎日電車に乗るときに「今日の獲物は誰にしよっかなー」

ぐらいの感じでしょう。

そのくらいこの盗撮にはまっていたのでしょう。

我を忘れてしまったのでしょう。

少なくても私、そして一般の人間は、

そんなことに誰も楽しみは見出していこうとは思いません。

それが一般的に言われる常識といわれるものであります。

この和歌山県立医大の男性医師にはそんな常識もなかったのでしょう。

そんな常識もわからない人が、

病を患っている人の心からの治療というものができるでしょうか。

私たちが考えられる限りでは難しいんではないかと思います。

決してこの男性医師を信用していこうとは思えないです。

そして、この和歌山県立医大の信用も著しく傷をつけてしまったでしょう。

人の尊敬を置かれる立場の人ほど、他人の印象というものには気をつけなくては、

ならないです。

こういう時は何か自分のストレス解消をうまく考えた方がいいですね。

この被害に遭われた女性の心の傷が一刻も早く癒されることを

願うばかりです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ネットの声です

  • tar*****

    | 

    医師免許、パンツ、剥奪

  • 人我無想

    | 

    歪んだ性癖の男のニュースが増えたな。今度は医者か。産婦人科医になれば女性の局部が見放題だったのに。でも、パンツ履いてなきゃダメか?

  • ********

    | 

    そんなにパンツすきなの?
    あたしのあげようか?
    デカパンだけどいい?

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする