追立勇三顔画像徹底調査!土曜の夜の飲酒で死亡事故!!

土曜日の夜に、こんな事故が起きてしまいました。

鹿児島市で2日、軽ワゴン車とタクシーが衝突しました。

そしてタクシーの乗客の男性が死亡した事故で、

酒酔い運転の疑いで逮捕された軽ワゴン車を運転していた男の身柄が3日午後、鹿児島地検に送られました。

なんとタクシーと衝突してその乗客の方が死亡したという事故であります。

考えてみればありえない話ですよね。

スポンサーリンク



この事故の詳細

送検されたのは、鹿児島市喜入瀬々串町の自営業・追立勇三容疑者(59)です。

鹿児島南警察署によりますと、追立容疑者は2日午前3時40分ごろ、酒に酔った状態で軽ワゴン車を運転し、鹿児島市東谷山の市道交差点でタクシーと衝突した疑いです。この事故でタクシーの後部座席に乗っていた乗客で、鹿児島市清和の会社員・野澤寛実さん(48)が死亡しました。

追立容疑者は「酒を飲んで運転したことは間違いない」と容疑を認めているということで、警察は過失運転致死の疑いも視野に捜査しています。

(MBC南日本放送より引用)

事故の現場はこのアタリでしょうか

よりによって衝突したタクシーの乗客の方が亡くなるなんて

あまりにも理不尽ですね

このタクシーに乗っっていた乗客の方のご家族の気持ちを

考えるといたたまれないです。

この追立勇三容疑者の顔画像をフェイスブック、Twitterなどで徹底調査いたしましたが

残念ながら特定には至りませんでした。

またわかり次第追記したいと思います。

スポンサーリンク



この事故の背景

この事故が起きたのは、朝方の午前3時40分ごろとされています。

まだ夜も明けない暗いうちの事故でしょうか。

この土曜日の夜、この追立勇三容疑者は誰かとともにでしょうか。

はたまた、一人で、

いや、誰かとともにお酒を飲んだ可能性が大きいですね。

自営業であるこの追立容疑者は、多分仕事を終える時間もある程度自由が

きくと思われるので、

土曜日は、キリのいいところで仕事を終えて、

仲間と飲みに繰り出していたのでしょうか。

それは別に悪いことではありません。

しかしこの追立容疑者はこの飲みの場に車でくり出して行ったのでしょう。

もしくは、車で出かけたその場で飲んでしまったか、

ということではないのでしょうか。

車できていることを認識しつつ酒を口にしてしまったのでしょう。

もう飲酒運転の確信犯であると思われます。

そしてお酒をのみ色々な話に花も咲きという感じでしょうか。

しかしながら、飲酒運転というものは、事故をするしないに関わらずに

人生というものを転落させます。

アルコールの入った運転は自分が思っている以上に危険なものです。

事実そういう事故があとを絶ちません。

酒に酔うのは気分がいいものですが、

こと車の運転となるとそれは、全く別物です。

そんなことを認識しつつこの追立容疑者はアルコールを口にしてから

車を運転してしまいました。

そして案の定、タクシーと衝突して、

なんの縁もゆかりもないそのタクシーの乗客のかたが亡くなってしまいました。

このタクシーの乗客であったご家族のやりきれない思いは、

どこにぶつければいいんでしょう。

運がよかったとか悪かったとかそういう問題ではありません。

飲酒運転とはいうものはそういうものなのです。

以前、飲酒運転に対する法律が厳しくなって以来、大分減少した

飲酒運転ですが、未だにこういう事故はあとを絶ちません。

警察のほうも、取り締まりには限界があります。

飲酒運転をしないということは、引いては

この自分を守るということにたながります。

自分の立場、自分の生活です。

何が起こるかわからないこの世の中です。

運転するときは。お酒は慎みたいものですね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする