備前西市駅構内で男性列車にはねられ死亡!線路上を自転車を押しながら

こんなちょっとわけがわからない事故が起きました。

5日未明、岡山市のJR駅構内で、線路上にいた男性が列車にはねられ死亡しました。

なんでも線路上を自転車を押しながら歩いていたようです。

どうしてこんなことをしていたんでしょう。

スポンサーリンク



この事故の詳細

5日午前0時30分ごろ、岡山市のJR備前西市駅構内で、

60歳前後とみられる男性が、高松発岡山行きの快速マリンライナーにはねられ、死亡しました。

また、乗客19人のうち男性1人が、列車が急ブレーキをかけた際に気分が悪くなり病院に運ばれました。

警察によりますと、運転士の男性(30)は、「線路上を自転車を押しながら歩いている人が見えた」と話しています。

警察は亡くなった男性の身元とともに、詳しい事故の状況を調べています。

この事故で列車は、現場に1時間35分停車しましたが、他の列車への影響はありませんでした。

(KSB瀬戸内海放送より引用

自殺願望でもあったのでしょうか。

夜中に自転車を押しながら線路上を歩いているなんて、

それとももう電車は終わっているというように思っていたのでしょうか。

そもそもJR備前西市駅とは、

備前西市駅(びぜんにしいち)

12時の予報:曇り23℃(降水量0mm/h)詳細を見る
住所:岡山県岡山市南区
備前西市駅は、岡山県岡山市南区西市にある西日本旅客鉄道宇野線の駅である。(Wikipediaより引用)

場所はココです

備前西市駅の画像はコチラです

この画像でもわかるように、こんなようなところを夜中にこの男性は自転車を押しながら歩いていたんですね。

スポンサーリンク



この事故はなんで

この事故の被害者とされている方の身元自体まだわかっていませんが、

こんな夜中に自転車を押しながら線路の上を歩いているという、

行動がわからないところでもあります。

もう電車は来ないとでも思っていたのでしょうか。

それにしても、線路上を歩くということ自体、普通はあんまりできないことであります。

そして、この被害者の方の年齢が60才代ということであり、

もしかしてちょっとボケていたのかもしれない

という可能性も否めないです。

なにも考えずに線路上を歩くということも考えられます。

まあこの被害者のかたも、お亡くなりになってしまいましたが、

一概にこの電車を運転していた運転手を責められるわけでもないと思います。

この被害者の方の方もどうかと思うところはあると思います。

この備前西市駅の画像を見てもらえればわかると思いますが、

夜中の線路に対する防犯という観点からも、

そこはあんまりされていないような感じです。

まあこの規模の駅であれば、そこは致し方ないというところででしょうか。

被害者、加害者ともにいい思いはしない事故というものです。

少しでもこういう事故がなくなることを願うばかりです。

コチラはネットの声です

駅構内の線路』で、自転車押す??
若年性認知症か?


(Twitterから引用)

最後までお読みいただきありがとうございます

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする