遠野市国道乗用車正面衝突!女性死亡 対向車線にはみ出し!

岩手県の遠野市でこんな悲惨な事故が起きてしまいました。

7日午後、遠野市の国道で乗用車どうしが正面衝突する事故がありました。

女性1人が死亡し、4人が重軽傷です。

正面衝突なんてどうしてこんな事故が起きてしまったんでしょうか。

スポンサーリンク



この事故の詳細

7日午後、遠野市の国道で乗用車同士が正面衝突し、

1人が死亡、4人がけがをした。

事故があったのは、遠野市綾織町の国道283号線で、

7日午後2時頃、乗用車同士が正面衝突した。

この事故で、遠野方面に向かっていた乗用車の助手席に乗っていた遠野

市附馬牛町の藤田トミさん(75)が病院に搬送されたが、約1時間後に亡くなり、

運転していた藤田吉光さん(74)が重傷、もう一方の乗用車に乗っていた50代から60代の男性3人も首や腰の痛みを訴えて病院に搬送された。

現場は、道の駅風の丘近くの見通しの良い直線道路で、

警察は、藤田さんの乗用車が何らかの原因で対向車線にはみだしたとみて、

事故の原因を調べている。

(テレビ岩手から引用)

現場はこのアタリでしょうか

この晴れた乾いた道路で何が起きたんでしょうか。

スポンサーリンク



この事故の背景とは

この事故は、見通しの良い片側1車線の道路で晴れた日でもあり、路面も乾いていたようであります。

現場は、道の駅風の丘近くの見通しの良い直線道路で、

警察は、藤田さんの乗用車が何らかの原因で対向車線にはみだしたとみて、事故の原因を調べています。

つまり報道によると、反対車線にはみ出たのは。70代の夫婦が乗っていた乗用車が

反対車線にはみ出したようであります。

なので、このことからわかりますが、この藤田さん夫婦は70代であり高齢の運転であったということです。

昨今、高齢者の運転による事故が相次いでおりますが、

この事故もその例に漏れないかもしれません。

せっかく夫婦で水入らずでドライブでもしていたんでしょうか。

それとも、どこかへ買い物でしょうか。

どちらにしても、結果は悲惨なことになってしまいました。

この高齢者の運転という問題はなんとかならないものなんでしょうか。

コチラはネットの声です

・また責任ある運転手は無事で同乗者が死亡パターン。

・田舎は信号ない。

・衝突する程はみ出すのは何故なんだろう。やっぱスマホとかなのかな?

この手の事故も毎日あるよね。

・スマホだな、こりゃ。

・また、高齢者か?
センターラインを越える事故と
聞くと高齢者だと考えられるが

高齢者は、アホばかりだからさ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする