車が列車に衝突!大東市 一人死亡 高齢者による事故か!?

こんな信じられないような事故が起きました。

9日朝、大阪府大東市のJR片町線で、

線路に隣接する病院の駐車場から乗用車が飛び出し、走行中の列車と衝突する事故がありました。

乗用車を運転していた男性1人が死亡しています。

スポンサーリンク



この事故の詳細とは

事故があったのは大東市谷川の線路上で、9日午前9時半ごろ、

「列車と乗用車の事故で、乗用車が横転している」と通報があった。

警察と消防によると、線路に面している病院の駐車場内から車がフェン

スを突き破って線路に飛び出し、

走行中の電車と衝突。この事故で、車に乗っていた70代から80代と

みられる男性1人の死亡が現場で確認された。

また、電車に乗っていた60代の女性が気分が悪くなり、病院に搬送されていて、警察などが事故原因を調べている。

(NNNより引用)

この報道からもわかるように、この事故はやはり高齢者による事故の模様です。

最近、この種の事故が多いですね。

なんとかならないものでしょうか。

スポンサーリンク



この事故の背景

この事故が起きた時間は、午前9時半ごろであり、隣接している病院の、駐車場から

この70代から80代と見られる男性が運転していた乗用車がフェンスを突き破って

出てきたということです。

多分この運転していた男性は、この隣接している病院で朝早く診察でも終えて、

帰ろうとしたところであったんでしょうか。

多分、アクセルとブレーキの踏み間違いということが強く疑われることだと思います。

この高齢者の事故というものはあとを絶たないですね。

国というか政府の方も色々考えているのだと思いますが、

こと地方ということになると、車がないと生活が成り立たないという

現実があります。

そしてそういう地方でも、公共交通機関も発達しておらずに、

自分の車での移動に頼るしかならないという現実があります。

そういう現実からもあるように、なかなか高齢者の運転手の厳罰化ということも

進まずにある現状がああります。

しかしながら、こういう高齢者による事故の犠牲者も少なからずいるわけで、

社会的な大きな問題であることは間違いありません。

政府の方も頭を悩ませるところでしょう。

今回の事故も、電車にぶつかってしまい、公共交通機関に多大な迷惑を

かけてしまっています。

地域ごとに免許の年齢制限を設けるとか、様々な方法を試みてみるのも

いいかもしれません。

とにかく、こういう事故での犠牲者が減ることを祈ります。

コチラはネットの声です

・本当に高齢者による車の事故が多いね。
国もなんとかしないとこの先、もっともっとこう言う事故が増えていきますよ。
そして関係の無い人々が巻き込まれたりして、迷惑します。
失わなくていい命が突然、奪われるのは本当にやりきれないですよね。

・アクセルとブレーキの踏み間違いかな?
高齢者にはマニュアルしか乗れなくするのも防止できる方法かもしれない

・発作か何かだったのかな? 人を巻き込まなかったのが幸い

最後までお読みいただきありがとうございました

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする