力久智行顔画像 脇見運転で小学生死亡か!!

小学生2年生がこんな事故で大切な命を落としてしまいました。

13日夕方、長崎市で小学2年生の男の子が車にはねられ死亡しました。

まだまだこれから将来がある、この小学生の山脇昴汰くんですが、

この事故にあった瞬間に、その大切な未来も幕を閉じることとなりました。

この事故で車を運転していた力久智行容疑者の顔画像、プロフィールなどに迫っていき

たいと思います

スポンサーリンク



この事故の詳細

13日、午後6時半ごろ長崎市花丘町の交差点で、

男の子が右折してきた普通乗用車にはねられました。

はねられたのは近くの小学2年生山脇昴汰くん7歳で、

頭などを強く打ち病院に運ばれましたが、

およそ1時間後に、死亡が確認されました。

当時、山脇くんは一人でいたとみられています。

「足のほうしか見えてなくて、心臓マッサージをしていた。(小学生とか)多いですね、けっこうこの通りは。塾とかありますし」(事故直後を見た人)

現場は信号や横断歩道のない市道の交差点で、

警察は車を運転していた会社役員の力久智行容疑者45歳が前をよくみていなかったとし

て、過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕し、事故の原因を調べています。

(NBC長崎放送より引用))

この小学2年生山脇昴汰くんも信号や横断歩道のない道路を渡ってきたんですね。

現場はこのアタリでしょうか。

事故現場の信号と横断歩道のない交差点というと

こんな感じのところでしょうか。

このような道路でった子がおきたんでしょうか。

力久智行容疑者のプロフィール

名前 力久智行

年齢  45才

職業 有限会社 住吉タクシー役員

この力久智行の顔画像ですが、フェイスブック、Twitterなどで徹底調査いたしましたが、残念ながら特定はできませんでした。

またわかり次第追記したいと思います。

スポンサーリンク



この事故の背景

まずこの事故が発生した時間が、午後6時半ごろであり、

アタリはまだ明るかったと思います。

そしてこの力久容疑者の携わっている仕事もタクシー会社であり、

役職も役員ということであるので、タクシーを運転していたということでは

なかったようです。

報道でも、普通乗用車とあります。

そこでこの、力久容疑者は、勤務中であったか、勤務からの帰り道であったかは

定かではありません。

とかく、地方の道路は夜になると、街灯が少なく道は暗くなりがちですが、

しかし、このまだ夜も暮れていない明るい状況で、

いつも運転して慣れているような乗用車で、前をよく見ていないで、

この被害者の小学生を跳ねてしまったということは、

過失は、この力久容疑者にあるといいざるを得ません。

しかも、この事故のあった通りは塾があり、小学生などの通りは、

普段から多かったようです。

事故直後も、被害者を心臓マッサージしていた状況があったらしく、

現場は、騒然としていたようです。

交通事故というものは、とかく気の緩みから起こることが多く

何気ない、気の緩みの隙間から発生することも多いです。

その何気ない気の緩みで取り返しのつかないことになってしまうのが、

交通事故の怖いところであります。

私たちも、車を運転するときは気を緩めることなく

運転したいものですね。

またこの力久容疑者には精一杯の償いを望みたいと思います。

コチラはネットの声です

・ちゃんと前を見てしっかり運転してください。
右折って、直進車両にも、歩行者にも気をつけなければいけないですよね。、注意力万全にして常に運転してほしいわ。
せっかちな横暴な運転手たまにいますから。この前
後ろからむやみにクラクション鳴らす老人運転手には、腹がたちました。せかすなよ

・前見ていない=携帯見ながら運転95%説
携帯所持での違反を免停にしていいと思う。
命が奪われているんです。

・スマホは見ていたけど、前はよく見ていなかった」ってパターンでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございます

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする