森谷尋樹 顔画像アリ! レスキュー隊のノウハウで女性の部屋へ侵入!!

私たちの、普段の生活を守ってくれる消防士の人がこんな破廉恥な事件を、

起こしてしまいました。

6月12日夜、札幌市白石区の女性の部屋に侵入しようとしたとして、

消防士の男が逮捕された事件で、

男は隣接する建物をつたうようにして女性の部屋に侵入しようとしていたことが分かりました。

この森谷尋樹容疑者の顔画像、プロフィールなどと、事件の詳細を見ていきましょう。

スポンサーリンク



事件の詳細

住居侵入未遂の疑いで14日送検されたのは札幌市消防局、

東消防署の消防士長、森谷尋樹容疑者(26)です。

森谷容疑者は12日夜、

札幌市白石区のアパートの2階にある20代の女性の部屋に窓から侵入よ

うとした疑い

が持たれています。

その後の調べで、

森谷容疑者は隣接する建物の屋根をつたうようにして女性の部屋に侵入

しようとしてい

たことが分かりました。

森谷容疑者は、警察の調べに「のぞきたかっただけ」と話しています。

(UHB 北海道文化放送より引用)

女性の部屋を覗きたかっただけと言っているうですが、

隣の建物の屋根を伝うようにして女性の部屋に侵入したようです。

それは、まるで忍者のようであったのでしょうか。

そこまでの女性の部屋に侵入しようとする意気込みはある意味

すごいと思えます。

ここでも消防士で培ったノウハウがいきているんでしょうか。

現にその侵入しようとした部屋に女性がいるとかいないとか、

確認してあったのでしょうか。

もし侵入しようとした時に、その女性と鉢合わせにでもなったら、

どんな事態になるのでしょう。

そんなことにも頭が回ることなく行動を起こしてしまったのでしょうか。

ちょっと不思議な感じです。

こちらが札幌市消防局東消防署です。


(Twitterから引用)

スポンサーリンク



レスキュー隊のノウハウを生かしてまで

そしてやはりこの守谷容疑者は消防士のノウハウをこの事件に活かしていました。

森谷容疑者はレスキュー隊の副隊長で、

12日は夕方までロープを使う救助の講習会に参加していました。

札幌市消防局で不祥事が明らかになったのは今月、これで3件目です。

11日は保険金詐欺事件、12日は賭けマージャン、そして13日の住居侵入未遂事件。

消防隊員に不祥事が相次いでいることについて札幌市は

「階級制度という特殊な環境で職場の風通しが悪くなっているかもしれない」として、

今後、面談や研修を重ね再発防止に努めると話しています。

(北海道放送より引用)

やはり私たちの予想通りにレスキュー隊のノウハウがここで、

悲しいことに生かされてしまいました。

そして侵入しようとした部屋の女性に気付かれてしまい御用となったわけであります。

まさに間抜けな事件であります。

常に私たちの生活を守らなければならない消防士の人が、

こんなことをするなんて、

正直、ガッカリです。

こんな人が人の命のために一生懸命働くのでしょうか。

元来人を救うための、レスキュー隊のノウハウをこんなことに、

生かしてしまうなんて。言語道断です。

私たちの税金をどんな風に使っているのでしょうか。

まだまだ余罪があるかもしれません。

徹底的な調査を望みます。

こちらはネットの声です

・消防士のスキルのムダ使いですね。相手からするととてつもなく怖い・・・

・親も泣くわ。

・普段の訓練成果が、性癖の役に立ちました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする