盛田弘子顔画像 90才の女性を跳ね 死亡させる!!

またしても、高齢者の運転による交通事故が起きてしまいました。

この問題は、なんとかならないのでしょうか・

17日午前、愛知県半田市の交差点で、

横断歩道を渡っていた90歳の女性が84歳の女が運転する乗用車にはねられ死亡しました。

警察は、乗用車を運転していた女を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕して詳しい状況を調べています。

この盛田弘子容疑者の顔画像、この事件の詳細などを調べていきましょう。

スポンサーリンク



盛田容疑者の事故の詳細

17日午前9時40分ごろ、半田市昭和町の交差点で、

横断歩道を渡っていた近くに住む90歳の女性が右折しようと横断歩道に入ってきた乗用車にはねられました。

女性は腰などを強く打ち、病院で手当てを受けましたが、約8時間後に死亡しました。

警察は、乗用車を運転していた半田市桐ヶ丘の無職、盛田弘子容疑者(84)を、

過失運転傷害の疑いでその場で逮捕しました。

盛田容疑者は近くの銀行へ向かう途中だったということで、

警察の調べに対し「間違いありません」と容疑を認めているということです。

現場は、信号機がある見通しのいい交差点で、

警察は、盛田容疑者から話を聞くなどして事故の詳しい状況を調べています。

(NHK NEWS WEBより引用)

この事故現場は信号のある見通しの良い交差点であるということです。

ないかこの盛田容疑者も先を急いでいたのでしょうか。

非常に悲しい事故であります。

またこの盛田容疑者の顔画像を徹底的にフェイスブック、Twitterなどで、

調査いたしまいたが、はりつんねんながら特定には至りませんでした。

またわかり次第追記したいと思います。

現場はこのアタリでしょうか


(Twitterから引用)

スポンサーリンク



盛田容疑者の事故の背景

この事故は、被害者、加害者ともに高齢者であり、

片方は、運転もあまりとっさの判断ができなかったのでしょう。

そして被害者の方も、素早く動けなかったのでしょう。

横断歩道を、渡っていた歩行者を右折時に、轢いてしまうなんて、

運転している時にどこを見ているんだ、という感じではあります。

前さえ見ていれば、横断歩道の歩行者は、自然と目に入り

なんとか、ぶつからないように避けるのが、普通であります。

しかし、この盛田容疑は、普通なら目に飛び込んで来るはずの歩行者である

90才の女性を轢いてしまいました。

そして悲しいことに、この女性も腰を強く打ち

お亡くなりになってしまいました。

この事故は、すごい初歩的な事故であり、この盛田容疑者の運転に対する

モラルが疑われます。

特に昨今、こういう高齢者の事故が多発しており、警察の方も対応に

困っているようであります。

特に地方に行くと、公共交通機関というものの発達が遅れ、

自分たちが車で、運転して移動しなければ、ならないという現実が存在し、

なかなか、規制のを敷いて行くというやり方も、

できずらいという現実があります。

そんなどうすることもできない状況の中での

高齢者による交通事故の、多発ということですが、

地方のことを考えた場合、対応に困ります。

運転免許自主返納など、の方もいらっしゃっるということですが、

それは少数派でしょう。

やはり自分は、まだまだいけると思っている方が多いのはないのでしょうか。

そしてそういう人たちによる事故が多いのではないのでしょうか。

なんともやりきれないのは、犠牲者の方々です。

やり場のない悔しさに、どんなに心が傷むでしょう。

それが一番の辛いところであり、

目を背けてなならないところであるでしょう。

この根深い、高齢者による事故の問題は今後どう動いて行くのでしょうか。

今の所政府の方でも抜本的な対策は、あまりなされていないように感じます。

しかし、現実として増えつつある高齢者の交通事故問題も、

社会的な問題となっており、

自動運転も注目されてはいますが、

まだまだ安全面でも、問題もありますし、

時間もかかります。

私たちの頭を悩ませる。高齢者の交通事故ですが、今後の

改善を期待したいところでです。

コチラはネットの声です

中央ライン跨がって走行とか、駐車場で無理に中央突破して来るとか、赤信号で止まらないとか、昨日目撃した危険ドライバーはみんな高齢者でした。
認知と運動能力が低下している上に身勝手な場合が多い。余所見して歩いて踏み切り待ちで停止している車両にぶつかって来たり、急に横切ったり、自転車をふらふら乗っていて追い越すのも恐怖なのに、後方確認せずに道を斜めに横断、ってこれも昨日見かけた高齢者。
一方が高齢者の場合、相手方のお陰で事故を免れている場合が多々あると思う。
子どもの飛び出しも怖いけど、高齢者は歩行者もドライバーも自転車も
何もかも、まるでトラップを仕掛けられている様で怖いです

被害者も加害者も高齢者の事故で申し訳ないけど被害者が若い人で無くて良かったと思う

被害者も加害者も高齢者のパターン多すぎ。なにやっとんねん

高齢者が高齢者を轢くって所まできたか。もうすぐ自動車の運転は何歳までとかそういう論議になりかねんなここまでになると。しかしある年はてんかんの発作でとかある年は高齢者事故またある年は飲酒、無免許の未成年者の引き起こす事故とか自動車事故が多くて且つ悲惨すぎる。

最後までお読みいただきありがとうございました

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする