久保佑樹 顔画像特定か 帰宅途中の女性を暴行 ひったくり

愛知県一宮市の路上で今年4月、こんな事件が起きました。

女性に暴行を加えバッグを奪おうとしたとして、

神奈川県川崎市の会社員・久保佑樹容疑者(21)が18日、強盗未遂の疑いで逮捕されました。

帰宅途中の女性お狙ったとても卑劣な犯行です。

スポンサーリンク



久保佑樹容疑者のプロフィール

名前 久保祐樹

年齢 21才

職業 会社員

住所 神奈川県 川崎市

今は、川崎に住んでいますが、事故当時はこの事件現場付近に住んでいたようであります。

か弱い存在の、女性を狙ったのでしょうか。

またこの久保容疑者の顔画像を、フェイスブック、Twitterなどで調査いたしましたが。

残念ながら特定には至りませんでした。

またわかり次第追記したいと思います。

事件現場はココ

そしてこれが事故現場付近と思われる画像です。

犯行時刻も夜の8時半でした。

こんな暗い道で帰宅途中に襲われた女性はどんな気持ちであったんでしょうか。

スポンサーリンク



久保佑樹容疑者事件の詳細

警察によると、久保容疑者は今年4月24日午後8時半ごろ、

一宮市萩原町の路上で、徒歩で帰宅途中だった女性(31)の口を押えるなどの暴行を加え、

バッグを奪おうとした疑いがもたれています。

久保容疑者は当時、一宮市内に住んでおり、

調べに対し「その時、その場所にいたことは間違いないが、襲ったりバッグを奪おうと

したことについては覚えていない」などと

容疑を否認しているということです。

警察で当時の状況を詳しく調べています。

(中京テレビNEWSより引用)

上記のような道で、

この夜の8時半の会社からの帰宅途中に、

いきなり、暴行された女性は、さぞ怖かったんではないのでしょうか。

それも帰宅途中で疲れている時に。こんなことにあったのでは、

とんでもない被害です。

これは無差別な犯行です。

お金に困っていたとか、手っ取り早くお金が欲しかったとか、

そういうことは理由になりません。

そして、

警察の調べに対しても、犯行のことについては覚えていないと、

言っています。

なんということでしょう。

ここまで来て容疑を否認したところで、

何も変わりません。

そして、犯行をしたことについても全然反省の気持ちもないようです。

このような容疑者には、警察による厳しい処罰を望むばかりです。

また、犯行を行ったのちに、

この久保容疑者が川崎に引っ越しをしても、

逮捕をした警察の活躍にあっぱれです。

コチラはネットの声です

もし被害者の親ならこの犯人を半殺しにします。

そしてその場所に居たことは間違いないが、殴った事は覚えていないと言うけど、問題ある?

田舎で田んぼと高速くらいしかないから目撃もないし、

未解決誘拐事件がある地域です。

昼間は田んぼにおじいちゃんいるけど、中にいるし助けにはならない。

ほとんど車移動だから駅から徒歩はやめたほうがいい。

人権屋のせいで、警察をなめてる阿呆が増えてきましたね。

拷問を認めたほうがいいんじゃないの?こういうクズには。

21歳会社員???

罪を重くしてください。

再犯が多いです。

何故こういう犯人って皆「覚えていない」って言うんでしょうね。

これは政治家とかが与謝野賢治の「記憶に御座いません」をあまりにも多用している弊害のひとつでしょうね。

なんせ彼らはそう言い続ければ無罪になっているのですから。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする