伊藤貞子 顔画像特定か 9才の女の子(青木杏)を跳ねた死亡事故!!

またまた高齢者の事故でしょうか

東京・多摩市で67歳の女性が運転する車が小学生をはねた事故で、意識不明だった9歳の女の子が死亡しました。

この事故の原因はなんだったんでしょうか

そいてこの9才の女の子を跳ねた伊藤貞子(いとうさだこ)容疑者とはどんな人間か、どんな顔をしているのか

など調べてみましょう。


(Twitterから引用)

スポンサーリンク



伊藤貞子容疑者のプロフィール

名前 伊藤貞子

年齢 67才

職業 無職

住所 不明

67才で無職ということは、もう年金生活なんでしょうか。

そんな緊張感のに生活を送っていて、

こんな事故を起こしてしまったんでしょうか。

またこの伊藤貞子容疑者の顔画像をフェイスブック、Twitterなどで

調査いたしましたが、残念ながら特定には至りませんでした。

またわかり次第追記したいと思います。

伊藤貞子容疑者の事故現場は、このあたりでしょうか

多摩センター駅の近くということです。

このあたりの道路を普通に歩いていたところ、

この伊藤容疑者の車に跳ねられたということです。

スポンサーリンク



伊藤貞子容疑者の事故の詳細

22日午後4時半ごろ、

多摩市落合の道路を歩いて渡ろうとしていた小学生の女の子が無職の伊藤貞子さんの運転する乗用車にはねられました。

警視庁によりますと、はねられたのは多摩市内の小学校に通う4年生の青木杏さんです。

青木さんは頭を強く打つなどして意識不明の重体で多摩市の病院に搬送されましたが、

午後6時45分ごろ、病院で死亡しました。警視庁は、過失運転傷害の疑いも視野に捜査する方針です。

(ANNより引用)

この事故が起きたのが、午後4時半位となっております。

ちょうどこの、被害者の青木杏さんも遊びから家に帰る途中というような感じですか、

友達と、いっぱい遊んで、疲れて家に帰って、今日の晩御飯はなんだろうなんんて

考えていたかもしれません。

そんな時に、不意に車に跳ねられたようなそんな事故だと思われます。

この車を運転していた、伊藤貞子も前方に、小学生の女の子が渡ってくるのは、

目に入らなかったんでしょうか。

車というものは、前を向いて運転するものです。

ちょっと下を見ていたとか、オーディオに気を取られたとか、

そんなことで、前方を注意することを怠ってしまったのでしょうか。

しかしそのことで幼い未来のある大切な命が失われてしまいました。

これは非常に許せない、やりきれない気持ちです。

最近、高齢者による交通事故が多発していますが、

その高齢者を全て運転させないようにすることは到底無理であり、

また地方では車社会で、公共交通機関も発展していないため、

車が必需品になっていうような状況もあります。

この何jかならないようなジレンマみたいなものが、

高齢者の交通事故が起きる度に感じてしまいます。

人ごとだとは思えないこういう事故ですが、

被害者の方も、気のつけようがありません。

なんとか国の方でも対策を考えられればいいとは思います。

この青木杏さんのご冥福をお祈りいたします。

こちらはネットの声です

人間、1日先も分からない。普通に道を歩いていただけなのに轢かれてしまうなんて。悲しすぎて言葉もないです。

交通事故は普通の人が加害者にも被害者にもなりうるし、どちらになっても一瞬で人生が一変してしまう。こういう事故の記事を見ると辛いですね。

逮捕の可能性は。

多摩ニュータウン通りの裏道じゃん。ここに住んでた時、よく通ってたよ。

かわいそうに
(´・ω・`)
御冥福を祈ります。

最後までお読みいただきありがとうございます

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする