長友佑都と平愛梨の馴れ初めは 平愛梨の惚れたきっかけとは!!

こんにちはsoraです!

最近ワールドカップでも大活躍の長友選手、

もう今となっては日本代表にはかかせない選手です。

最近では、2011年1月からプレーしていたセリエAのインテルから、

トルコのガラタサライに移籍をしました。

なんと!移籍金は1150マンユーロ(2億円)であったそうです。

そして、何と言っても内助の功の平愛梨さんは忘れられないですね。

今回は、この長友佑都さんと平愛梨さんの馴れ初めと、

気になる平さんの惚れたきっかけなどを調べてみましょう。

(Twitterから引用)


(Twitterから引用)
スポンサーリンク



長友佑都から平愛梨への「アモーレ」

その内助の功の平愛梨さんとは、

2017年1月に長友選手との婚姻届けを提出して、晴れて結婚されました。

その直前でも長友選手の「アモーレ」という(イタリア語で愛している人の意味)

愛のメッセージも、世の中で騒がれ、その年の流行語top10

にまで選ばれましたね。

なんという、愛の告白でしょう。

長友さんの平さんへの愛の誠意の表れでしょう。

平さんがどれほど嬉しかったでしょう。

そして、世の中の人もどれほど幸せな気分にさせたでしょう。


(Twitterから引用)

(youtubeから引用)

スポンサーリンク



長友佑都と平愛梨の馴れ初めと平愛梨さんの惚れたきっかけ

そして気になるのが、この長友佑都さんと平愛理さんの馴れ初めですが、

こんな些細なきっかけであったそうです。

しばらく複数人であっていた時があって、ある日たまたま他のメンバーの

予定が合わない時があって、

二人っきりで食事することになった機会があったそうです。

人見知りのために大量に心理テストやトランプなどを持参した、平愛理さんでしたが、

それに対し誠実にゲームなどに対応した長友佑都さんでした。

平愛梨さんはそのことに対してとても好印象を持ったそうです。

そして次のカラオケに移動するときに長友佑都さんが言った、

「俺についてきて」

という言葉を平愛梨さんは「一生、俺についてきて」というように思い込み、

愛の告白だと勘違いしてしまったそうです。

その後長友選手から「イタリアに帰る」ということを聞き、

思わず、平愛梨さんは号泣してしまったそうです。

そして、平愛梨さんは長友さんに

「好きになっちゃったと思います」

と告白してしまったそうです。

そして長友佑都さんが、「次に付き合う人は結婚する人と決めたいるので、

まずはお互いを知ることから始めましょう」と答えお互いの交際が始まったそうです。

それ以来毎日、お互いに電話をして、1ヶ月後に正式に長友選手から交際の

申し込みがあったそうです。

なんとも微笑ましい馴れ初めですね。

そしてなんと平愛梨さんは長友選手より2才年上なんですね。

なんとも可愛らしい性格ですね。

この可愛らしさという内面が芸能界のお仕事にも現れ

成功を収めたのでしょう。

そしてやはり二人っきりにされてしまったのも、

周りの隠れた配慮があったのでしょう。

もしかすると、平愛梨さんがそのことを周りに告げて望んでいたのかもしれませんね。


(Twitterから引用)


(Twitterから引用)

人と人との出会いとは

人と人の出会いは世界中に人口、いや日本中の人口を考えても、

限りないくらい途方もない確率であります。

そう考えると、私たちの周りにいる人、

そしてこれんから出会う人、

これって、偶然なのでしょうか、

もはや、偶然とは言えないんではないのではないのでしょうか。

そう考えると、必然的に周りの人への感謝という気持ちが湧き出てきます。

この長友佑都さんと平愛梨さんも、自分のサッカーという仕事、

そして平愛梨さんは、芸能界という仕事、

これをしっかりやってきたからこそ、出会えたんだと思います。

姉さん女房の平愛梨さんは、とても可愛らしくて素敵ですね。

そして、日本代表のために体を張って頑張る長友佑都さんも、

すごい素敵です。

ここまで来るのは。この二人も周りへの感謝という気持ちを、

忘れなかったというところもあると思います。

それがこの偶然か、必然かという出会いを生んだんでしょう。

私たちも、周りの人との出会いをただの偶然と思わず、

感謝して、出会いを「いい出会い」にしていけたらいいですね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする