大阪桐蔭高校野球部 根尾昂 異次元の世界に生きる二刀流!!

みなさん夏がやってきましたね。

今年の夏は、観測史上もっとも早い梅雨明けで、6月末の梅雨明けです。

ですが、

その梅雨明けとともに、いよいよ夏の全校甲子園野球大会も迫ってきました。

今年は第100回を数える記念大会であり、

始球式にも「桑田真澄」「松井秀喜」さんという方々をお迎えし、

第100回記念大会に花を添えます。

そこで、現在、全国的に注目されている高校で、大阪桐蔭高校という高校があります。

今年の春の選抜の大会も優勝し、今全国的に注目されている高校です。

その中の選手でも、ひときわ光彩を放ち、目立っているのが、

「根尾昂」選手です。

スポンサーリンク



大阪桐蔭高校野球部の根尾昂選手のプロフィール

名前 根尾昂(ねお あきら)

年齢 2000年生まれ 18才(現在3年生)

右投げ右打ち

身長 180cm

体重 67kg

ポジション 外野手 投手もできる二刀流

最高球速 146km

球歴 ジュニア時代 中日ドラゴンズジュニア

中学 飛騨高山ボーイズ

高校 大阪桐蔭

日本代表 大阪府選抜 (日台国際親善野球大会)

日本代表 BFA U-18 アジア選手権日本代表

全国大会(高校)

2017年選抜高等学校野球大会(優勝)

2017年全国高等学校野球選手権大会(3回戦)

2017年国民体育大会(準優勝)

2017年明治神宮野球大会(高校野球)(ベスト4)

高校3年
2018年選抜高等学校野球大会(優勝)

というか輝かしい戦歴の元に今この

「根尾昂」選手に全国の野球ファン元ならず、

プロ野球のドラフト関係者も目を凝らして注目しています。

(youtubeから引用)

スポンサーリンク



大阪桐蔭高校の根尾昂選手の打撃戦力とは

この根尾昂選手の全国から注目を集めるポテンシャルとは、

一体どんなものなんでしょうか。

根尾にしかわからない世界があると言われています。

投打に高いレベルを誇る「二刀流」という絶大な武器がこの根尾にはあります。

昨秋から特に力を入れてきたのは、打撃だと言います。

春の選抜では、この大阪桐蔭高校はめでたく優勝という結果を残しましたが、

この選抜大会でも、この根尾昂選手は、打率はなんと5割とという、

とんでもない数字を叩き出しました。

しかし、本人のコメントとしては、

「これといってしっくりくるものはなくて、ぐるぐるしている感じ」と、

試合ごと、もっと言えば、日毎にフォームやタイミングの取り方を変えるようにしているということです。

絶え間ない、研究心と言いましょうか。

そしてその感覚は独特と言います。

試合前の打撃練習で、西谷監督やコーチが「状態がよくない」と

感じた時に、本人だけが、「いい感じです」と宣言し、

特大のホームランを放ったこともあると言います。

まさに自分のことは自分が一番よくわかっているということでしょうか。

そして、

春の選抜大会以降は、「最初のストライクを仕留める打撃」を

求め、試行錯誤をつずけています。

二刀流と言われこれからを期待されている根尾選手ですが、

その打撃のポテンシャルも相当のものですね。

(youtubeから引用)

スポンサーリンク



大阪桐蔭高校の根尾昂選手の投手としての戦力

そして、投手としてのポテンシャルはどういったものでしょうか。

投手としては、暑さの中で「いくらでも投げられる力を身に付けること」

を自らに課しています。

ですが、ブルペンで闇雲に球数を投げる訳でもなく「実践の中でそういう力を身につけていく」。

打者によって、カウントによって、点差によって。

力を配分する「嗅覚」を磨くことに着目している!

まさに試合運びをよくわかっているということでしょうか。同じ投手として、春の選抜大会で、背番号のエースナンバー「1」をつけた柿木が言います。

「ピンチでも全然動揺しない、何を考えているんだろうっていうくらい冷静なんです。」

生まれつき持ち合わせている度胸もあるんですね。

(youtubeから引用)

大阪桐蔭高校の根尾昂選手はプレーだけではない

その全国から注目されている根尾昂選手ですが、

その「二刀流」というポテンシャルもありながら、

着目する点は、そこだけではありませんでした。

根尾昂選手の野球に対する姿勢として、プレーだけではない部分にも、

目を向けてみたいと思います。

こお根尾昂選手は、完封した試合の後でも、ベンチやロッカーの掃除に、

率先して取り組む姿勢があります。

なので、先輩からも「根尾さん」と呼ばれて一目置かれています。

まさに基本の徹底というところができているんですね。

スポンサーリンク



まとめ

「投手として最速146kmで野手としても非凡」

との触れ込みで岐阜から大阪に出てきて2年。

今では自然に関西弁が出てくるようになったと言います。

本人曰く、目標は当然「春夏連覇」「もう一つ上のレベルのプレー」

と言います。

この根尾選手の高校生としての最後の夏となるこの

「第100回夏の全国高校野球選手権大会」におの根尾昂選手は、

どんな未知なプレーを私たちに見せてくれるでしょうか。

基本となることを忘れず、愚直に野球というものに取り組んでいる

この大阪桐蔭高校野球部の根尾昂選手に注目です!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする