岩手県二戸市で打ち上げ花火爆発 画像あり なんでこんな事故が!!

今は夏真っ盛りで花火大会がどこでも盛り上がっていますね。

東北地方は、台風12号の影響も少なく花火大会は盛り上がっているみたいです。

そこで、岩手県の二戸市で行われた花火大会で、

打ち上げられたはずの花火が空中で爆発せずに、

地上に落ちて爆発する事故が起きました。

この夏というすばらしいい季節を彩る花火大会でなぜこのような、

事故が起きてしまったのでしょうか?

ちょっと紐解いて見たいと思います。

スポンサーリンク



岩手県二戸市の事故の詳細

28日夜、岩手県二戸市で打ち上げ花火が地上で爆発して7人がけがをしました。

午後8時ごろ、二戸市の温泉施設で行われたイベントで、打ち上がった花火が空中で破裂しないまま地上に落ちて爆発する事故がありました。警察によりますと、この事故で見物客の2歳の女の子や女子高校生ら合わせて男女7人がやけどをしましたが、いずれも軽傷で命に別状はないということです。花火は隣接する老人福祉施設の職員駐車場で打ち上げられていて、警察は事故の原因を詳しく調べています。

(ANNより引用)

この報道からすると、

この花火大会の花火の打ち上げ場所は、会場に隣接する老人福祉施設の職員

駐車場で打ち上げられていたようであります。

まさに、花火大会のために臨時に作られた打ち上げ場所でしょうか。

このことが、この事故に関係あるのかもしれせんね。

スポンサーリンク



岩手県二戸市の花火事故の背景には

やはり、この事故の背景には、

この花火大会のために臨時につくられた打ち上げ場所に原因んがあるんでは

ないのでしょうか。

花火というものは、空中で爆発してこそ美しいいものであります。

この夏という季節には欠かせないとても風情のある、

一つの大切な行事であります。

私たちは、花火大会といえば、女性は浴衣を羽織って、

男性は、甚平でしょうか。

そんな、だれもがこの夏に楽しみにしている花火大会で、

コボような事故が起きるなんて悲しいいです!

怪我人こそはいなかったようでありますが、

せっかくの夏の風物詩が一気に台無しになってしまって悲しいです。

この夏のとておきの風物詩と言える花火大会にかける

花火師の意気込みは予想するに、

相当なものがあるんではないのでしょうか。

年に一回かとも言われる花火大会です。

花火師の意気込みも、一年分です!

しかしこの、岩手県の二戸市の花火大会の打ち上げ場所は、

奇しくも臨時につくられた、

老人福祉施設の職員駐車場でありました。

例年の打ち上げ場所とは違かったんでしょうか。

多分、いつもと違う状況でのことになってしまったのでしょうか。

ここで、一年分の意気込みでこの花火大会に望んだ

花火師も、つい力んでしまったのでしょうか。

焦ってしまったのでしょうか。

してはいけないミスを犯してしまいました。

みなさんが楽しみにしていたはずの花火大会が台無しに

なってしましました。

でも花火師のかたも一年分の意気込みでこのそごとに、

当たってつい起きてしまったことなんでしょうか。

怪我人がいなかったことがせめてもの

救いです。

誰でも事故を、起こしたくて起こす人はいません。

まだ夏はこれからです。

この夏という季節を彩る花火大会という

夏のとっておきの風物詩が安全に行われることを望んでやみません。

こちらはネットの声です

2歳の子は可哀想
跡残らないといいね

これはこわかっただろうね。熱いし。

コントでやるようなまさかの事故。
これから花火大会シーズンだし、気をつけないと。
怪我をされた方は恐怖だったでしょうね。

花火と見物客の距離が近すぎる。
これはどう見ても危ないと思う。

万が一そうなっても安全な距離を何故とらせなかった?

主催側の安全管理が第一なんだけど、見物する場所も近すぎ。見る方も想定しないと。

手持ち花火なら昔爆裂した経験あるけどあれは避けようがなかった。

今回の打ち上げ花火は近すぎないか?
普通もう少しマージンとるもんやないの?

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする