平出和也(天才クライマー)結婚は 経歴は 未知の登山ルートに命をかける!!

こんにちは、soraです!

みなさん、平出和也さんという登山家をご存知ですか。

未踏峰・未踏ルートにこだわり、世界が驚く数々の新ルートを制覇してきたトップクライ

マーの平出和也。

2009年には登山界のアカデミー賞とも言われる「ピオレドール賞」を日本人として初め

て受賞。

また、自らの登攀映像を撮り続け山岳カメラマンとしても世界的に活躍する39歳です。

(youtubeから引用)

スポンサーリンク



平出和也さんは経歴は、結婚は?

平出和也さん経歴は、

1979年長野県出身。

元々、陸上の競歩選手だったが、ルールの定められた中で人と競いあうことに疑問を持ち大学2年の秋に山岳部へ。

そこで山の世界の虜になる。

少人数で、荷物を軽量化しスピーディーに登る「アルパインスタイル」を得意とし、

誰も足を踏み入れたことのない未踏峰・未踏ルートにこだわってきた。

これまでヒマラヤの8000m峰を5座、7000m峰を10座、6000m峰を4座制覇している。

また山岳カメラマンとしても活躍し、平出にしか撮れない映像を求めて日本のみならず、

海外からも依頼が舞い込む。2017年、登山家とカメラマンとしての実績が認められ、

植村直己冒険賞を受賞。1年の3分の1程度しか自宅に戻らないが、2児の父親でもある。39歳。

この「経歴からもわかるように、

根っからの登山家であるようです。

道の登山ルートにこだわり、一年の3分の1しか家に帰らないというほどの登山への熱の入れようです。

この平出和也さんという存在が世界でも稀有な存在なのでしょう。

この平出和也さんも二児の父親であるということで、

もうご結婚はされているのですね。

奥さんもこの平出和也さんと愛し合って結婚したのでしょうが、

登山の方に夢中で心配な旦那さんでしょうね。

奥さんとしては、無事で帰ってくることを願ってやまないのでしょうね。

美人な奥さんですね!

スポンサーリンク



平出和也さんの年収は

平出和也さんの所属は

株式会社ICI石井スポーツということですから、
会社がスポンサーとなって登頂資金を援助しているのではないかと
思われます。

登山には、
莫大な費用がかかるといわれており、

登山許可取得料金
各種保険料金
ルート使用料金
人件費(シェルパ等)
装備代等
旅行代金(航空券 宿泊費)
その他諸経費

などなどをあわせると、
少なくとも700万~1000万単位のお金が必要なのだそうです。

平出和也さんにしか撮れない映像を求めて
日本のみならず、海外からも依頼が舞い込むのですから、

カメラマンとしての収入は結構ありそうです。

全て合わせると、
1000万円前後はあるかもしれないと
予想します。

平出和也さんの登山に対する挑戦がすばらしい

平出和也さんは、

登山界のアカデミー賞とも言われる「ピオレドール賞」を日本人として初め

て受賞したということで、日本人の登山家としては第一人者であるところでしょう。

私は、そもそも登山というものを考えたときに、

真っ先に頭に浮かぶのは、

「山は怖いところ」

ということです。

「山よりは、海の方がいい」というように思います。

ですから、このような登山家の方を見ると、

よくあんな怖い山を登れるものだなあとつい感心してしまいます。

それにも増して、

未知の登山ルートにこだわるということで、

私には、全然思いつかないところです。

しかし、この世の中にはいろんな人間がいます。

海が好きな人もいれば、

山が好きな人もいます。

まさにいろんな人がいてこの世の中が成り立っています。

この平出和也さんが、登山のカメラマンであるということで、

この人しか取れなかった写真というものも多々あったと思います。

それが絶景であり、

人々の心を感動させるようなものであったに違いありません。

まさにこの平出和也さんしかできないことであったのでしょう。

世の中は、いろんな人で成り立っています。

この平出和也さんも、この人でしかできないことに巡り会えて幸せなのではないのでしょうか。

この平出和也さんが撮った写真でどれだけの人が幸せな気分になったのでしょう。

それが、この平出和也さんの登山という仕事のやりがいでしょうか。

はたまた、誰もが通っていない未知のルートにこだわり

その達成感にのめり込んであるのでしょうか。

ただ、言えることは日本の中でも貴重なこの

平出和也さんという人が登山にこだわりつずけ、

私たちは、その無事を願うばかりということでしょうか。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする