二見孝秀 顔画像特定か スマホを見ながらトラックで自転車を跳ねる!!

こんな悲しい事故が起きてしまいました。

トラックに乗っていながら、スマホを見ながら運転して、

自転車の男の人をはねたというのです。

自転車の男の人は全身を強く打ってなんと死亡してしまいました。

車というものは走る凶器とも言えます。

スマホとどちらが大切であったのでしょうか。

スポンサーリンク



二見孝秀のトラック事故の詳細

大阪府警は30日、堺市西区鳳西町の市道で、

自転車に乗った梅野冨士夫さん(77)=同府忠岡町馬瀬1丁目=をはねたとして、

トラック運転手の二見孝秀容疑者(48)=同府高石市取石3丁目=を自動車

運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕

し、発表した。

梅野さんは全身を強く打ち死亡。

二見容疑者は「音楽を聴くためにスマートフォンを見ていた」と述べているという。

西堺署によると、

現場は片側1車線の直線道路。30日午前1時40分ごろ、

前を走っていた梅野さんの自転車に二見容疑者運転のトラックが追突したとみられる。

署は容疑を過失運転致死に切り替えて捜査する。

(朝日新聞社より引用)

この二見容疑者は、自分がトラックを運転していて、

前を自転車が走っているのにも関わらずに、自分のスマホを見ていたということです。

普通は、自分がトラックを運転していれば、前を自転車が走っていれば、

よっぽど注意するのが普通です。

しかし、なんでそこまで

スマホが気になってしまったのでしょうか。

この二見容疑者の顔画像をフェイスブック、Twitterなどで徹底的に調査いたしましたが、

残念ながら特定には至りませんでした。

またわかり次第追記していきたいと思います。

スポンサーリンク



二見孝秀のトラック事故の現場

この二見容疑者の事故の現場はこのアタリでしょうか。

事故現場と見られる画像です。

二見孝秀のトラック事故の背景には

この事故は、この二見容疑者がトラックを運転しているのにも関わらずに、

それもこの上記の画像のような道で、前を自転車がはしっているのに、

自分のスマホに気を取られ、前を走っていた自転車の梅野富士夫さん(77)に

追突してしまったという事故です。

一見この二見容疑者の不注意だけが目立つようでありますが、

この事故の背景には、

この二見容疑者が勤務していた会社にも、ある程度の落ち度はあるかもしれません。

日頃からプロドライバーとしての教育をしっかりとしていれば、

普段の運転にも自ずと注意するようになり、

このような悲劇は起きなかったのかもしれません。

本人がしっかりしていれば、

何も問題はないのですが、社会は広いです。

いろんな人間が生きているので、ドライバーといえども

いろんな人間がいます。

毎日のことなので、つい気が緩んでしまうのでしょうが、

そこは、安全で運行していることで給料をもらっているので、

プロドライバーは常に気を抜けません。

今回のことで会社の方も、色々と責任を求められることもあるかもしれませんが、

そこは、やはりいたしかたないところでしょう。

常に、安全には必要以上に注意して運転していかないと、

あらぬ悲劇を起こしてしまいます。

ドライバーの方にはより一層の安全運転を求めたいところです。

こちらはネットの声です

歩きスマホ、自転車スマホは、取り締まって欲しい。

信号待ちまで何故待てない。

亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

歩きスマホ チャリスマホ 車スマホ
一番怖いバイクスマホ
免許有する違反は罰金10万及び点数10点
免許いらない違反は罰金10万

これでも無くならないでしょう。

運転中のスマホ操作多すぎ。お巡りさん取り締まったら?

信号が変わってもいっこうに進もうとしない車はほぼスマホ。進まないことで事故はないからまだ良いが、そういう奴らは確実に走ってる時もいじってる。

運転中にケータイやスマホを触ったら即座に免停でいいと思う。

歩きスマホもかなり迷惑。

これは殺人罪でよろしのでは?

無責任極まりない。こういう場合もっと厳罰出来ないものか国も検討してもらいたい。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする