革靴転売の学び ブランドツアーとコンサル

最近の私SORAは革靴転売に取り組んでいます!

革靴転売の良い点

・利益率の高さ

(だいたい原価の倍)

・需要が途切れない

・仕入先がたくさんある

(リサイクルショップから仕入れる)

・テレビを見ながらでも革靴を磨いたりもできる。

とそんな色々な良い点に私は革靴転売の魅力を感じ取り組むことに決めました。

中でも、利益率の高さは魅力でありました。

そしてかねてからの知り合いであるHさんにコンサルをお願いすることにしました。

そこからの革靴のブランドツアーとコンサルです。

その学びについて今回は、書かせていただきました。

スポンサーリンク



ブランドツアー

私の革靴転売のコンサルを快く引き受けてくれたHさんが、

まず私に、提案してくれたのは、

「ブランドツアー」でありました。

ブランドツアー?  何だそれ?

率直にそう思いました。

そして、Hさんの話によると、

「一足100万円する革靴も新宿の伊勢丹にあるんですよ。」

という話でした。

「そんな高い革靴もあるんだ!」という驚きとともに、

革靴も奥深いんだなあ

としみじみと感じました。

そして、そのブランドツアーの当日になり、

Hさんと新宿で待ち合わせをして、その噂の新宿の伊勢丹に向かいました。

革靴売り場というのは、伊勢丹の地下一階にありました。

その売り場には、革靴がいくつも並び、

ビシッとした店員さんが、売り場の中に並び良い一層格式を高めていました。

そこでまず、私が感じたのは、革靴のブランドの多さであります。

まず有名どころでは、「リーガル」などというブランドであります。

そこには、革靴に関して素人な私には驚くほどに

数多くのブランドがありました。

「スコッチグレイン」「ジョンロブ」「ユニオンインペリアル」

など聞いたこともないブランドばかりでした。

普段スーツで仕事をする機会のない私にはちんぷんかんぷんな世界でありました。

そこで一つ一つブランドについて色々と説明を受けました。

しかし、これだけのブランドがあるということは、

裏を返せば、それだけ様々な人からの需要があるということであるとは

思いました。

高いブランドだと一足30万円する革靴もありそれはびっくりしたと同時に、

世の中、色々な需要があるんだなあと感じました。

そんな革靴ブランドツアーから感じたことは、

革靴に対しての、世の中の人々の需要とその可能性でした。

そして、私はその需要に応えるべくがんばろうと覆いました。

あと、一足100万円の革靴の展示は残念ながら終了していました。

そこは残念でした。

スポンサーリンク



革靴転売のコンサル

そして、Hさんと私は場所を居酒屋へと場所を変え、

今回のブランドツアーのコンサルになりました。

まずブランド一つ一つの詳しい説明と革靴の色々なモデル、パターンの

説明でした。

ブランドの関しては、リサイクルショップでの仕入れ相場と売値相場の話とかでありました。

やはりそういうことが、頭に入っていないと、

なかなか革靴転売は厳しいとのことでありました。

やはり、そこらへんが、この革靴転売の肝ではないかとも感じました。

また、一口に革靴と言っても色々なモデル、パターンがありまして、

人気の、「ストレートチップ」「ホールカット」「ブイチップ」

「モンクストラップ」「ダブルモンクストラップ」

などいろんなモデルがあることに対しても驚きました。

またそこに色々な人からの需要を感じました。

そこにまた、ビジネスチャンスを感じざるを得ませんでした。

またコンサルでは、モデル別に売れるランキングなどを、

説明していただき、とてもわかりやすいコンサルではありましたが、

覚えることも多く、

やはり世の中、簡単にはいかないなあとも思いました。

しかし逆に言えば、

それだけ偽りのないビジネスだとも思いました。

私も、がんばっってこの革靴転売というビジネスで稼いでいこうと思いますので

これからの経過を楽しみにしていてくださいね!!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする