SNOBゆか(スノッブ)ジャマイカで急逝 貴重な昭和のDJコンビが、、、

朝早くから、悲しいニュースが飛び込んできました。

吉本興業所属の、SNOBゆか(スノッブ)ゆか(本名・橋本由可)さんが、滞在先の

ジャマイカで死去されたと所属事務所から発表されました。

あまり巷では、耳にすることのない芸人でありますが、

DJをしている芸人という存在は珍しく、貴重な芸人がまた一人

消えてしまったということでしょうか。

(YOUTUBEより引用)

スポンサーリンク



SNOBゆか(スノッブ)さんのプロフィール

年齢 54才

出身地 大阪府

所属 吉本興業

1987年に吉本新喜劇に入団し91年にコンビ「SNOB」を結成。

近年はレゲエDJとしての活動が中心で、ジャマイカでDJ修業中だった。

54才という年齢にも関わらずに、吉本興業に所属してDJ芸人として

売れることを目指して頑張っていたのでしょう。

その粘り強さと夢に向かうパワーは一般的なサラリーマンに比べてみると

その比ではないと思います。

この年齢からしても、ジャマイカまでDJの修行に行くなんて普通考えられません。

いつ何が起こるかわからない芸能界という世界にもしかしたら

新風を巻き起こす存在になっていたのかもしれません。

貴重な芸人の方を無くしてしまったのかもしれません。

スポンサーリンク



SNOBゆか(スノッブ)さんの死因とは

報道によると、SNOBゆかさんの死因は循環器疾患というようにされていますが、

実際、年齢的にもまだ循環器に疾患があるゆあ年齢ではないのでは

ないのでしょうか。

燃そ化すると生まれつきにそういう疾患を持っていて、

それが最近ひどくなってきたということかもしれません。

またインドネシアのジャマイカという聞こうと不衛生な環境がよくなかったんでしょうか。

循環器疾患というと、心臓の疾患ということになるので、

以前から不整脈などの症状があったのかもしれません。

苦しまずに他界されたことを願います。

スポンサーリンク



SNOBゆか(スノッブ)さんの主な活動

・1987年8月吉本新喜劇に入団

・1991年8月 – SNOBを結成。

当時は男性1人(つね)、女性2人(ゆか、ゆみこ)のトリオだ った。

・1993年 – ゆみこがSNOBを脱退し芸人を引退。現在のコンビとなる。

・1995年 – 第16回今宮子供えびすマンザイ新人コンクール 福笑い大賞受賞。

・DJコンビとして、ジャマイカでも活動。

・ジャマイカのクラブで遊んでいたウサイン・ボルトが「人気歌手」として、

2人に声をかけ、握手を求められたことがある。

と目覚ましいい活躍はありませんがtwittersなどを見てみると、

とても楽しく仕事をしているようです。http:/

スポンサーリンク



まとめ

このツイッターなどからもわかるように楽しそうに仕事をされていたゆかさんですが、

お亡くなりになり誠に悲しいことであります。

周りのかたも悲しんでいるかたも多いと思います。

ご冥福をお祈りしています。

ネットの反応です

ドミニカでアメリカ人旅行者の急死が相次いでる。とニュースになってますが、ジャマイカは大丈夫なのかな?
カリブ諸国で外国人が亡くなる原因が気になります。

循環器疾患はジャマイカで患ったのだろうか?異国で亡くなるのは寂しいですね。

ご冥福をお祈りします。

990年代のオールザッツ漫才で男性の相方さんとウクレレ?弾きながら漫才やってた姿は30年過ぎた今でもなぜか鮮明に覚えています
決して面白くはなかったけど楽しそうにやってる姿はとても好感が持てました
謹んでお悔やみ申し上げます

最近思うのは、平均寿命は延びてるけど
昭和1桁とか20年くらいまでの生まれの老人が長生きしているだけで
若者の精子減少とか動きが鈍いとか、結構早く死んでいる人が多いということから出生年別余命の推測グラフとか詳細データーほしいね

発表の平均寿命ー自分の年齢が平均的な余命と考えたらあかん時代になってるんだよね

最後までお読みいただきありがとうございます

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする