川に車転落!岐阜・高山市 ハンドル操作誤ったか!!

こんにちはSORAです!

先ほど入った報道で岐阜県の高山市で川に車が転落したということです。

一体どういうことなんでしょう。

川に車が転落するなんて尋常ではありません。

詳しく見てみましょう!!

スポンサーリンク



h3>川に車が転落した報道の詳細

12日午前7時半ごろ、

岐阜県高山市荘川町三尾河で「乗用車が川に転落している」と、

近くに工事に来ていた作業員から110番通報がありました。

警察によると、乗用車には70歳代前後とみられる男性2人が乗っていて、

運転席の男性はその場で死亡が確認されました。助手席の男性は意識不明の重

体といいます。

現場は庄川の支流で、乗用車は川の脇を通る高さ約5メートルの市道から転落したとみられています。

車は「尾張小牧」ナンバーで、警察が2人の身元の確認を進めています。

(中京テレビNEWSから引用)

通報があったのが朝の7時半くらいなのでまだ朝早くの事故であります。

今頃の時期は、朝も開けるのも早いので、暗がりで事故したとは考えにくいのでは

ないのでしょうか?

スポンサーリンク



h3>岐阜県高山市の事故現場とは

この地図によるとだいぶ田舎の方の山道であるような感じです。

年齢と事故の起こした時間によると、

田舎道を朝早く走っていたところに、

ハンドル操作を誤ったような感じであるんではないのでしょうか?

こんな事故が起きないようにするためには

事故の起きた時間も朝早くだと考えられ、

運転されていた人も、高齢者であります。

こんな田舎、道であれば道路の整備も不十分であるような感じで、

危険がいっぱいのような道であったんではないのでしょうか?

地方では、公共機関が整備されていない状況がありますので、

特に高齢者でも、自分で車を運転しないといけない状況も

出てくると思います。

なので特に整備されていないような道路状況と

地方の公共機関の整備されていないような状況とが

重なり、このような事故が、起きてしまったんではないのでしょうか?

この状況を、短時間では変えること難しいとは思いますので、

運転される方の一人一人の心がけというしか

ないかと思います。

なので、とにかくどの方も安全運転に務めるしかないのでしょうか!

ネットの反応は

こういう事故をなくしたいけど難しいだろうね
今から特にご老人が増えていくからこんな事故ばっかになっていくのが目に見える

何時も高齢者事故のニュースを見るたびに、自分自身のことを考える。
自分も後期高齢者層に入っているが、通院、買い物と生活に必要です。
永年無事故とは言え、若い時からしたら運転技術は落ちているかもしれません。
返納も考えていますが、何せアクセスの悪い地域に住んでいるため手放せないのです。
行政がバス代の補助。タクシー代の一部補助等してくれれば、と何時も考えています。
これから高齢化社会になります。他人ごとではありません。
国も全政党一緒に考えてもらいたい。高齢者の運転条件とか自動車のアクセル、ブレーキの踏み間違いのない装置とかの問題ではなく、やはり後期高齢者層は免許返納を受け入れる体制つくりというか、返納しても安心して生活できるような体制つくりをお願いしたい。

今回の道とは違うだろうけど、富山と岐阜を結ぶ156号線イチコロって呼ばれてる。語呂合わせと川沿いを走る所が多く、落ちたらイチコロって意味とって聞いた事がある。山あいだしそんな感じの道も多かったんじゃないかなぁ。
ご冥福をお祈りいたします

(YAHOONEAWSコメントより引用)

最後までお読みいただきありがとうございます。
どうぞ他の記事もご覧ください

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする