宇多田ヒカルの離婚の理由の裏に、大成功の秘密が!!

こんにちは!soraです!

2018年4月6日に、あの日本の歌姫の象徴とされる、

「宇多田ヒカル」さんが、8才年下のイタリア人との離婚が、報道されました。

離婚の理由や時期、長男(2才)の親権などは不明とされています。

以前にも、

2007年3月に、映画監督で写真家の、「紀里谷和明」さんとの離婚がありました。

この2度の離婚の裏に隠された宇多田さんの、芸能界の成功の秘訣を

探って見ました。

twitterから引用

スポンサーリンク



宇多田ヒカルさんの2度の離婚

宇多田ヒカルさんとは、

1983年1月19日生まれで現在、35才です。

出身地は、アメリカでコロンビア大学を卒業されています。

1998年12月9日、15才の時に、

「AutoMatic」というオリジナル楽曲をひっさげて、

この世の中に、電撃的にデビューされました。

その時の、衝撃的なデビューは、社会現象といっても過言ではないほどの、

インパクトでありました。

1stアルバムの「First Love」は累計売り上げ枚数756万枚を超え、

日本国内の歴代アルバムセールスの一位の座を現在でも守りつずけています。

そこからの、宇多田ヒカルさんの快進撃は、いうまでもありません。

そんななか、2002年、宇多田ヒカルさん、19際の時に、

34才だった、紀里谷和明さんと結婚されました。15才の年齢差でありました。

その後、2007年3月に離婚という流れになりました。

慰謝料などについてもなかったということです。

この当時、若くして結婚された宇多田さんでしたが、

約4年半の結婚生活にこれで、終止符を打った形となりました。

そして、

2014年2月に、8才年下のイタリア人のバーテンダーと晴れて再婚されました。

イタリアでも、日本でも大々的に報道され、だれもが注目しました。

そして2015年7月に第一子とされる男児を出産し、はたから見れば

幸せそのものであったのでしょうか。

しかし、

それも長くは続かずに、2018年4月6日に、

悲しいかなその8才年下のイタリア男性とも離婚されました。

よくある、芸能人の離婚でしょうか?

宇多田さんの場合、それともちょっと違う気がします。

スポンサーリンク



(YouTubeから引用)

2度の離婚の裏には!

私は、宇多田さんの2度の離婚に、宇多田さんの社会現象とまでなった

芸能界の大成功の秘密が隠されていると思います。

宇多田さんも、だれしもが認める、「アーティスト」であります。

芸能界という世界では、またこの世の中は常に流れ、進化し、

現状維持は、すなわち退化を余儀なくされる現実があります。

芸能界で一流を保ちつずけることは、どれだけの才能がある人でも、

たやすいことではありません。

常に新しいものに飛び込み、吸収し、また次のステージへ、

宇多田さんも、15才の時に音楽という才能に、目覚め、

本能に導かれるように、「Auto Matic」という楽曲を、

この世に、打ち出し、

そして、ありえない実績をあげるに至りました。

宇多田さんには、だれにも持っていない、音楽という分野での才能という

「本能」

があると思います。

その本能に、導かれるように、自分に起きてくる様々な出来事に、

対応し、そこから得た経験をまた、自分の楽曲制作に生かしていってるんでしょう!

簡単にいってしまえば、

「新しい物好き」なんでしょう!

常に、新しいものに触れ、自分がその度に、生まれ変わっていく!

このことが、大切なんですね!

つまり、新しもの好きな、「宇多田ヒカルさん」は、

結婚相手にも、本能的にそのまま反応してしまうのでしょう。

しかし、それは宇多田さんの音楽の才能の原動力なのでしょう!

そして宇多田さんは2018年4月17日から放送される

「花のち晴れ〜花男NextSeason〜」のイメージソングを担当します。

本能的に仕事に私生活を捧げているかのような

宇多田ヒカルさんのこれからの活躍に期待です!!

  
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする