米山知事の辞職の理由とは!そして新種米開発!新たな決意を!?

こんにちは!SORAです!

4月19日発売の「週刊文春」で、新潟県知事である

「米山隆一氏」が女子大生とのあるまじき行為を報じました。

東大医学部を卒業し、卒業後は、ハーバード大で研究員まで務めた

スーパーエリートである米山氏であるが、

出会い系サイトで知り合ったA子さん(仮名)と

月一回のペースで、都内のホテルであるまじき行為をつずけていたということです。

そして、この報道を受け、米山氏は知事職を辞職する意向を示し、

また新たな決意もあると言います!

(Twitterから引用)

スポンサーリンク



米山氏のあってはならない行為とは、

それは、A子さんによる「週刊文春」への告白によって、

明らかにされました。

A子さんによると、

米山氏との出会いは、出会い系サイト「ハッピーメール」であったと言います。

最初から、お互いあってはいけない行為が目的であったと言います。

ある日、新宿の「紀伊国屋書店」の前で待ち合わせ、そのままラブホテルに

直行したということです。

それから月一回くらいの関係を持つようになり、金銭のやりとりもあったようです。

A子さんにすれば、「いいお客さん」のような存在でありました。

米山氏は、なんと「新潟県知事選」の最中にも、

A子さんとの、関係をつずけていたというのです。

なんという、市民への裏切りのような行為でしょうか!

そもそも、米山氏は名門高校の灘高から東大医学部へ現役で入学し、

弁護士資格も取得し、最強と言われる肩書きを手に入れました。

そして米山氏は、さらなるステップとして、

政治の世界への進出を考えました。

衆議院選挙の落選などの経緯を経て、

反原発を旗印に、新潟県知事線に立候補しました。

A子さんにも、知事選立候補の事実を伝え、

そのことに、A子さんは驚いたと言います。

そうして、知事選という自身の人生の上でも大切な勝負どきにも、

A子さんとの関係は欠かさなかったということです。

そして、文春の取材によると、出会い系で知り合い、

関係を、持ったのはA子さん以外にも、複数存在し、

完全な確信犯的な行為です。

(Twitterから引用)

スポンサーリンク



米山氏の新たな決意!!

そんなスーパーエリートの現職知事である米山氏の、許せない行動ですが、

文春の取材を受け、

報道陣に記者会見を開き、涙ながらに、報道にある女性との関係は、

お互いの同意の元である旨を、声高らかに主張されていました。

しかし、

それも、世間には受け入れられず、

結局は知事職辞任という形に流れて行きました。

しかし、米山氏には、汚名挽回のための

新たな決意があるというのです。

それは、自身の出身地である、新潟県魚沼市の名産で有名な

『コシヒカリ』

に負けずとも劣らずという新種米を開発し、

それを、売り出そうという考えらしいのです。

その名も、

『出会い米』

という、新種のお米であり、新潟県の美味しい水など、

お米生産の環境の整った、故郷から開発していくということです。

そして、宣伝方法は、街角でポケットティッシュを配り、

電話注文で注文を受け付ける方法を行い、

電話のオペレーターとして働く女性はなんと無料で働ける

という優遇措置を取ります。

まるで出会い系サイトみたいなやり方ですね!

やはり、何かしら出会い系サイトに未練があるのでしょうか。

しかし、これは人件費も浮くし、

米山氏も自らポスターを作り、売り込みに精を出すということらしいです。

ポスターも早く見てみたいものですね。

なんとその売り上げ金は、新潟県に提供し、

それで謝罪という気持ちを示したいということです。

米山氏の素晴らしいアイデアとともに

これからの活躍に期待です!!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする