柴原昭仁 顔画像調査 兵庫県姫路市広畑区東新町2丁目の市道交差点での事故!

こんにちは!soraです!

21日午後11時45分ごろ、

兵庫県姫路市広畑区東新町2丁目の市道交差点で、

歩いていた男女2人が軽乗用車にはねられ、

搬送先の病院で死亡が確認されました。

兵庫県姫路市の勝原区下太田の代行運転業、

柴原昭仁容疑者(56)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)

の疑いで現行犯逮捕されました。その後、

容疑を過失運転致死に切り替えて調べられています。




柴原昭仁とは

代行運転業に、従事している、56才の男性で、

フェイスブックで、調べてみましたが、顔画像は見つかりませでした。

現場の詳細

はこちらとなっています。

時間的にも午後11時45分ごろとされているので、

事故原因は、仕事い対する気の緩みからくるものでしょうか!




事件の裏には

そもそも運転代行業というのは、

飲んだお客さんや、その人の乗用車を、

乗って帰るのがメインな仕事となっているので、待機時間が、多く、

気の緩んでいるところに突然運転という仕事に、

入るわけであります。

お客さんが、飲み終わる時間も、まちまちであり、

気が緩んでいるところに、仕事が、入るというパターンが多いので、

そのスイッチの切り替えが、実はとても大切であったりします。

この事故の時間帯から、予想すると、

までそんなに遅い時間ではないので、仕事が楽なために、

つい、前日遊びすぎたりしていたのかもしれません。

運転の仕事では、楽で単純な仕事の方が、事故は多いと、

言われているので、会社の責任も否めないところです。

被害者の肩に関しては、非常にきの毒であり、

この事故を、是非とも業界的に教訓として捉え、

安全意識を高めて行く必要があると思います。




追記です!

ネットの声では

以前代行利用したことがあるけど、深夜だったせいか直線道路80キロで飛ばしてて怖かったわ。

現場は信号機のある交差点

どっちかが信号無視をしたのでしょうな
どっちかが

車は交差点で徐行しないといけないのは習うと思うが守る人はまずいない。

夜中に車で走るのが苦手。視界は良くないのに皆やたら飛ばすから流れに乗って走りにくいし、暗やみから急に歩行者が出てきて(至近距離に来るまで歩行者を認識できなくて)ドキッとする事もある。
「ドライバーからは自分が見えているはず」と思う歩行者も多いだろうが、安全確認が不完全な夜中にスピードを上げて駆け抜けるドライバーは多い。
夜歩く時は反射する物を身に着けて自衛したり、居眠り(場合によっては酒酔い)ドライバーがいる可能性も考慮して安全に歩いてほしい。

このように、挙げられています。

やはり、否定的な意見があります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする