神戸市中央区熊内町4の市道で タクシーが 後退 人が下敷き 死亡!

こんにちは!soraです!

21日午後8時ごろ、神戸市中央区熊内町4の市道で、後ろ向きに動き出したタク

シーに男性がひかれ、

頭部を強く打って死亡したという、事件が起きました。

今日は運転手の事故が多いですね!

スポンサーリンク




事件の内容とは

このタクシーの70代の運転手とみて、多分ベテランの運転手である可能性が高いと思われます。そして、身元の確認を急いでいます。

また乗客の男性が病院に搬送されたが、命に別条はないという。

どこでこんな事件が

となっております。

運転手の男性が坂道で停車した後、

トランクに積んだ乗客の荷物を下ろそうとしていて、

後退したタクシーの下敷きになったとみられる。

車両は歩道に乗り上げ、停止したという。

ということです。

スポンサーリンク




タクシー運転手の過ち

この時間は、まだ宵のうちと言われる時間帯で、眠気からとは到底思えず、

タクシーの運転手が、土日に、乗せたお客さんとともに、

走りながらいろんな話を、しているうちに、運転手の方も

ウキウキした気分になってしまいつい気が緩んだんでしょうか?

被害者のことを考えると、気の毒でなりません。

運が悪いと言ってしまえば、それでおしまいですが、

タクシーの後退するスピードも、もしかして早かったのかもしれません。

運転手は、タクシーが後退するのを、どんな気分でみていたのでしょうか。

想像もしたくない気分ですね。

いつ何が、起こるかわからない車の運転という仕事での事故ですが、

タクシーの事故率は平均10%とされていて、

あまり知られていませんが、事故率は高いようです!

誰でも、なれそうなタクシー運転手ですが、

一向に業界の変革は、行われる様子はありません。

これが課題ともなるし、業界の進歩として捉え、

取り組んでいただきたいものです!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする