吉村恵一土佐市立小学校の元校長、顔画像調査!大金横領!

こんなニュースが飛び込んできました。

高知県土佐市の公立小学校の元校長がなんともあり得ない、

職員団体の口座から約4800万円を横領したとして、教育委員会に刑事告発されました。

こともあろうに、市民の税金を給料として生計を立てている公務員であるのにも

関わらず、それに輪をかけて大金を横領するなんて、

他の真面目にやっている公務員に対しても、言い訳は許されません。

スポンサーリンク



事件の流れ

高知県教育委員会によりますと、

土佐市立小学校の元校長の男性は、2009年度から2015年度にかけ、

当時、役員を務めていた「県管理職教員組合」の口座から、計約4800万円を着服した

とされています。

元校長は、

「ギャンブルや風俗店の他、飲食費にあてた」と着服を認めていて、業務上横領の疑

いで刑事告発されました。

小学校の校長という子供を教育していく職業をしておきながら、

4800万円という一般では考えられないような大金を横領するなんて、

どんな顔をしているのでしょう

吉村恵一 (60歳)

土佐市立戸波(へわ)小学校元校長

先月定年退職。

報道の画像です。

スポンサーリンク



元校長の許せない大金横領の裏側には

この土佐市立小学校の元校長の許されない行動の裏には、

一体どんなことがあったのでしょう。

校長という立場においても、その立場から周りから持ち上げられ、

自分のすることは、なんでも許されるというように、

つい勘違いしてしまい、自分の多少のミスも周りがなんとかしてくれるという

発想が多分長年染み付いてしまい、それとともに

その人間性も表からは、想像もつかないほどに堕落、崩壊して

行ったのでしょう。

周りもそのことには、気ずくはずもなく、役員を務めていた「県管理職教員組合」の

口座から、なんの悪気も感じずに4800万円という大金を横領して行ったのでしょう。

しかも、その使い道が、ギャンブルや風俗、そのた飲食費に当てたということです。

なんの苦労もなく、私利私欲の肥やしに、公金という、

元をたどれば、市民の人々からいただいている税金を使ってしまう

という到底許されない罪をおかしました。

周りは仕事の立場故に引き立てていたのに、その立場を

愚かにも見事に履き違え、自分の快楽に身を興じて行ったのでしょう。

それはさぞ、楽しかったのでしょう。

そして、それは本来の仕事の役目をすっかり忘ていることになり、

他の真面目にやっている

高知県の公務員のイメージすら悪くしてしまいました。

この4800万円というお金は一体どうなるのでしょう。

楽して、楽しんだ分のつけが回ってくるのはこれからです。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする