山口達也メンバーのわいせつ事件のこの報道のタイミングの裏側とは!!

こんにちは!soraです!

4月25日の夕方に号外ニュースでこんな衝撃的なニュースが飛び込んで来ました。

 人気アイドルグループ「TOKIO」の山口達也メンバーが、

東京・港区の自宅で女子高校生にキスをするなど、わいせつな行為をしたとして書類送検されました。

書類送検されたのは「TOKIO」の山口達也メンバー(46)で、

今年2月、東京・港区の自宅で女子高校生に対してキスをするなど、

わいせつな行為をした疑いが持たれています。

自宅で山口メンバーは、女子高校生にお酒を飲むように勧めたということです。

TBSニュースより引用

あの朝の「ZIP」にいつも出演している朝の顔ともいうべき人ですね

びっくりです。

スポンサーリンク



なんで、山口達也メンバー?

なぜこの場合、容疑者的な言い方をしないで「メンバー」なんでしょう?

Twitterから引用

ということらしいですね。

さすが社会に、絶大な影響力のある「ジャニーズ事務所」ですね。

ファンに与える影響を考えてのことでしょう。

女子高生とはどこで

被害者の女性の女子高生と知り合ったのは、NHKの「Rの法則」という番組らしいです。

Twitterから引用

仕事場で出会った女性だったんですね。そして自分のマンションに呼んでしまったんですね。

あと気になるのが、女子高生の年齢の記載がないのが気になるところですね。

このような報道です。

スポンサーリンク



この報道のタイミングの裏には!

でもこの事実があったのは、

報道によると、今年2月に港区の自宅でとあります。

現在は、4月です。

この、タイムラグは一体なんでしょう?

報道によると、女子高生は訴えを取り下げて示談に応じたということであります。

事務所は、国民の人気スターを守ったのでしょう。

まず、その一連の手続きが終わったところで、隠しているのもまずいので、

というところもありますね。

あと、もう終わったこと感を醸し出しているんでしょうか。

「もう過去のことですよ」

「示談は済んで解決していることですよ」

という、風に見せたいでしょうか。

実のところは、わからないです。

しかし、奇しくも、この25日は週刊文春の発売日で、

ちょうど林芳正・文部科学大臣の白昼、堂々と公用車で

『セクシー個室』のヨガに通うという報道がされた雑誌の発売と

奇遇にも重なりました。

メディアでは騒がれていた、この事件ですが、

林芳正大臣もメディアで陳謝されていました。

しかし、国民として目をつぶってという風にはちょっとという感じです。

ところが、この『山口達也メンバーのわいせつ事件』によって完全に

ぼかされた感じですね。

ここで国民の意識は山口達也メンバーに向いて行ってしまうでしょう。

今、支持率が急落しているあべ政権に「神風ともいうべきものが、

吹いたのでしょうか?

そもそも、批判、クレームというもの裏には、

『期待」

という感情があるからです。期待がなければ無関心です。

批判を受ければ、受けるほど期待があるはずです。

期待に答えて欲しいんですね。

でも、政界でも、芸能界でもスキャンダルは絶えませんね。

そこが人間の弱さでもあるんでしょう。

なんとか。期待に答えてくれる仕事をしてくれることを望むばかりです。

人間らしいと言ってしまえば、人間らしいんでしょうね!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする