【鈴木大司顔画像】徹底調査!千葉県四街道市鹿放ケ丘の市道死亡事故

27日午後5時35分ごろ、の話です。

千葉県四街道市鹿放ケ丘の市道で、

80代ぐらいの女性が運転するミニバイクと、大型ダンプが衝突して

女性は全身を強く打って間もなく死亡が確認されたとの報道が、

千葉日報によってされました。なんとまあ痛ましい事故でしょう。

スポンサーリンク



事故の流れ

現場は片側1車線の直線道路。女性はダンプに追突され、下敷きになったとみられる。とのことです。

四街道署は

自動車運転処罰法違反(過失致死)の疑いでダンプを運転していた

茨城県坂東市岩井、自称会社員、鈴木大司容疑者(57)を現行犯逮捕。

女性の身元確認を急ぐとともに詳しい事故原因を調べている。

年齢がいっっている被害者なので、多分50ccnバイクで有ったと思われます。

それでゆっくり走っていたのでしょう。

そいて後ろから追突してしまったのでしょう。

顔画像の方は、フェイスブック、Twitterから徹底的に調査しましたが、

残念ながら、判明しませんでした。

わかり次第、追記したいと思います。

(事故のダンプではありません)

スポンサーリンク



事件の背景

この事件は自称会社員、鈴木大司容疑者(57)の運転する大型ダンプが、

80才の女性が運転するバイクに、衝突したという

ことです。

考えられることとしては、車を運転していると、よくゆっくり走っているバイクが、

とても鬱陶しくなる時があります。

そんな、状況であったのでしょう。

鈴木大司容疑者(57)の運転する大型ダンプも、被害者の運転するバイクに

鬱陶しく感じ、イライラしながら運転していることをつずけているうちに、

衝突ということに流れてしまったのであると思います。

そもそも、ダンプの運転手という人たちは、運転マナーが悪い人が多く、

運転に、対する自己コントロールが弱い人が多いと思われます。

この事故の、背景にはそんな、交通弱者への思いやりのかけたことから

の事故だと思います。

一緒におなじ道路を走っている人たちと、思いやりを持ちつつ安全に

走っていきたいものですね。

気になる記事はコチラ

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする