【座間事件】9人以外も女性アパートに招き入れる!

昨年10月に神奈川県座間市のアパートで9人の遺体が見つかった事件で、

殺人などの容疑で逮捕された白石隆浩容疑者(27)が、

9人の被害者以外にも複数の女性をアパートに招き入れていたことが捜査関係者への取材で明らかになった。

という報道が4月30日に報道されました。

なんと、被害者以外にも自分のアパートに女性を、招き入れていたということです。

スポンサーリンク



事件の詳細

これらの被害者以外の女性もアパートに招き入れていたことについて

「金をくれたので殺さなかった」などと供述していると言います。

不可解な点が多かった動機の一端が浮かび上がった、形となりました。

捜査関係者によると、

1人は20代の女性で、昨年8月ごろ、ツイッターで自殺願望をほのめかす書き込みをしたところ、

白石容疑者からメッセージを受け取った。

やり取りを重ねるうちに金を無心されるようになり、白石容疑者の口座に複数回にわたって、計数万円を振り込んだ。

最初の犠牲者とみられている同県厚木市の女性(当時21歳)は8月23日ごろに殺害されたとされるが、

金を無心されていた女性はこの直後の時期に白石容疑者の部屋に入ったこともあったとい言います。

スポンサーリンク



お金をくれたから

白石容疑者はツイッターで知り合った女性を部屋に招き入れては次々に殺害、所持金を奪ったとされる。

動機について「金を取るのが目的だった」と供述しているが、

一部の女性を殺害しなかった理由については「また金をくれたり、

食事をおごってもらえたりすると思ったので殺さなかった」と説明しているということです。

厚木市の女性は、白石容疑者にアパートの入居費用などの名目で51万円を貸していたが、

白石容疑者は殺害した動機について「借りた金の返済を免れるためだった」などと供述したという。

なんとまあひどい動機でしょう、

お金をくれたから殺さなかったということです。

厚木市の女性は白石容疑者にアパートの入居費用などの名目で51万円を貸していましたが、

白石容疑者は殺害した動機について「借りた金の返済を免れるためだった」などと供述したといいます。

被害にあった、9人の女性以外にも、色々な女性を自分のアパートに招き入れていたことが

このたび警察の捜査によって明るみになりました。

少なくても、その女性たちが被害に合わなかったということが何よりもの

救いでしょうか。

その原因も、お金をくれたからという短絡的な発想で、人の命に対して、

どのような認識でいるでしょうか。

Twitterから引用

Twitterから引用


Twitterから引用

とこのようなネットの情報もあります。

この白石容疑社の犯行はどこまでも卑劣極まりないですね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする