【死亡事故】北九州市八幡東区西本町の交差点 タクシーにはねられ

30日午前4時20分すぎで

警察によりますと、30日午前4時20分すぎ、

北九州市八幡東区西本町の交差点で、国道3号線を直進してきたタクシーが

道路を横断中の男性をはねました。

はねられたのは近くに住む無職・椎葉優さん(33)で、

病院に搬送されましたが死亡が確認されました。

ゴールデンウィークの真っ只中にこんな事故が起きてしまいました。

スポンサーリンク



事件の詳細

現場は右折専用レーンを含む片側5車線の見通しの良い交差点でありました。

椎葉さんが横断歩道のない場所を渡っていたとみられています。

調べに対しタクシー運転手の男性は「何かにぶつかったと思った」などと話していて、

警察はタクシーのドライブレコーダーを解析するなど、当時の状況を詳しく調べています。

現場はココら辺でしょうか。

ここの交差点は右折専用レーンを含む片側5車線の見通しの良い交差点で、

椎葉さんが横断歩道のない場所を渡っていたとみられています。

当時、タクシーに客は乗っておらず、

77歳の運転手の男性にもけがはありませんでしたとのことです。

スポンサーリンク



なぜ、こんな事件が

現場は右折専用レーンを含む片側5車線の見通しの良い交差点でありました

調べに対しタクシー運転手の男性は「何かにぶつかったと思った」などと話していて

警察はタクシーのドライブレコーダーを解析するなど、当時の状況を詳しく調べています。

この事件が起きたのは、

30日の午前4時20分すぎくらいです。

もう日も開け始めでしょうか。

この時間帯で、横断歩道ではないところを、渡ってきた、近くに住む無職・椎葉優さん(33)

をはねてしまったということです。

タクシーの運転手で、容疑者とされる人間は、77才とかなり高齢な運転手であります。

歩行者の人が、横断歩道を渡ってきていなくても、人がくることくらいは、

わかるはずです。

まして

プロのドライバーです。

そして、ぶつかった時「何かにぶつかったと思った」と供述している限りでは、

居眠りの可能性も否めません。

自動車は、走る凶器という認識を忘れた、とんでもない行動です。

そもそもタクシーの運転手というものは、

仕事が、運転だけで、荷物の積み下ろしとかがないために

結構、高齢な人でも勤務されている人が多いです

それにもまして、会社にもよりますが、運転に対する教育というものが、

ない会社も多く、会社に運転手に対する運転のクレームをあげても

全然反応がない場合がほとんどで、

安全に対する意識が、非常に低いと思われます。

ましてや、高齢者の人が、多いということで、さらに危険性が増すものだと思えわれます。

これから、東京は「東京オリンピック」を控え、ますますタクシーに対する需要は増えていくばかりです。

こんな事件を外国のの人が聞いたらどんな想いを抱くでしょう。

外国語対応とかも大切ですが、

一番大切な安全意識ももっと重要視しなくてはいけないのはないでしょうか!

★気になる記事はコチラ★

スポンサーリンク



また新たな情報がわかり次第追記したいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする