滝沢カレンが「徹子の部屋」で四字熟語 !その異次元の天然キャラに驚愕!!

こんにちはSORAです!

今日、あの「徹子の部屋に」あの話題なモデルの「滝沢カレン」さんが、

出演しました。

なんでも。小学生から、出たいと思っていたらしいいです。

Twitterで盛り上がっていました。

スポンサーリンク



そのツイートをご覧ください!

これ小学生の時の滝沢カレンさんです!!笑

私、この日ちょっと落ち込んでいて、ふとこんなツイートを見たら

そんなの吹っ飛んでしまいました。

お腹痛くなりました。

なんかよくわからないですが、楽しい人ですね!

スポンサーリンク



異次元の天然キャラ!!

このよくわからない「四字熟語」もとにかく変にまとまっていて、

笑けてきてしまいますね。

以前、居酒屋でアルバイトをした時も、どうしてもメニューを覚えられずに、

その生まれ持ったビジュアルで、店外の客のキャッチに回されたそうです。

普通、メニューくらい覚えられると思うんですけどね。

まあそれで、どのくらい集客できたかは知る由もありません。

もともと、素敵なビジュアルをお持ちの「滝沢カレンさん」ですが、

もともとはモデルで、それも体型維持も相当努力されているみたいです。

また、

経済観念も結構しっかりされていて、高い買い物はよく熟慮してから、

買うそうです。

どういうバランス感覚で生きているんでしょうか。

不思議としか言えません。

しかし、テレビなどのメディアで最近よく見るようになりました。

あの素敵なビジュアルと、不思議な四字熟語などを作るキャラのアンバランスが

視聴者のハートをガッチリ掴んでしまっているんですかね!

その独特なキャラでお茶の間に望むと望まざるに関わらずに、笑いを提供しています。

本人に誰かを笑わせようという意図は特になさそうです。

しかし、見ている人は心を和ませ、癒されます。今日の私もそうでした!

そのビジュアルも大切なのかもしれませんが、

そうです!

滝沢カレンさんは、誰かを見事に喜ばせているんですね!

誰かの役に立っているんですよね!

私が素晴らしいと思うのは、彼女は、誰かを無理に笑わせようと思っていないところです。

お笑いの芸人さんは、無理にでも笑いを取りに行きます!

しかしながら、滑る時もあります。

でも滝沢カレンさんは、無心の心で「j四字熟語」を作り笑いを取ります。

小学生の時には「ダースベーダー」と呼ばれ、それを外国の生き物と

勘違いし。

そんな昔からの不思議キャラ、それも天然の、

言ってしまえば、異次元の天然キャラとでもいいましょうか!

私たちはその無欲で無心なキャラクターに思わず惹かれてしまうんですね。

その無欲さが大切なんだと思います。

私たちもいつまでも無欲、無心の大切さを忘れてはいけませんね。

そんなことを、今日の「徹子の部屋」に出た滝沢カレンさんに感じました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする