【男性重体】<北海道>中山峠で 仲間とツーリング中に!!

5月4日午後、

後志の喜茂別町で大型バイクが転倒して

50代の男性が意識不明の重体になっているという報道がありました。

男性は仲間とツーリング中でした。

事故があったのは、札幌と後志の喜茂別町を結ぶ、

国道230号の中山峠です。

北海道で、またしても事故です。

先日、夏日を記録した北海道で、何があるんでしょう。

スポンサーリンク



事故の詳細

現場は片側2車線の左カーブで、

警察は50代の男性が何らかの原因でガードレールにぶつかり、

その後、転倒したものとみて、調べています。

この事故で、大型バイクを運転していた50代の男性が意識不明の重体です。

また、

その影響を受け後ろを走っていた大型バイクに乗っていた男性も転倒し、

軽傷を負いました。

仲間とツーリング中にこんな悲惨な事故が起きてしまいました。

ゴールデンウェークの真っ只中の天気のいい休日です。

きっといつもの仕事の緊張感から解放され、

ウキウキな気分であったのでしょう。

そりゃあ、楽しいいでしょう。

大好きなバイクで、仲のいい仲間と一緒のツーリングです。

現場はココら変でしょうか

スポンサーリンク



峠での事故

事故が起きたのは、

札幌と後志の喜茂別町を結ぶ、国道230号の中山峠というところです。

地図でもわかるように、

この道は峠です。

事故の、原因も、何らかの原因でガードレールにぶつかりとありますが、

きっと、いつもの仲のいい仲間とウキウキ気分でツーリングをしているときに、

見晴しのいい、空気の綺麗な峠に差し掛かり、

つい調子に乗って、峠を攻めてしまったんではないでしょうか。

寒い冬からやっとのこと解放された北海道民の、交通事故が相次いでいます。

このあったかくなった陽気とゴールデンウェークの真っ只中にどいしても金が緩んでしまうのでしょうか。

一瞬の気の緩みが交通事故に繋がります。

特にバイクの場合、

転倒する危険性があります。二輪ですから、

一瞬の気のの緩みが、楽しいゴールデンウィークを悲惨なものにしてしまいます。

運転だけは、ゴールデンウィークはないのかもしれませんね。

事故に遭われた50代の男性の無事を祈りたいですね。

コチラはネットの声です!

ハーレーなんかは直進性はいいけど
慣れないとカーブは習熟が必要
若いころは自然に出来てたことも出来なくなる
目つぶって片足立ちしたら 1分持ったものが10秒程度になる
それを理解しないと事故りますね

初めての道、スピード出し過ぎた。

精神年齢20代、肉体年齢50代
思っている以上に乖離はありそうですね。

また新しい情報が入り次第追記いたします。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする