【強風で6才女児ケガ】愛知 豊橋市 イベント中に!!

またまた、ゴールデンウィークの真っ只中にこんな事件が起きてしまいました。

被害にあったのは、女の子です。

愛知県の豊橋公園で開催中の花のイベントで、

強風でテントが倒れ小学1年の女の子(6)が軽いけがをしました。

メイストームというやつでしょうか

スポンサーリンク



事故の詳細

豊橋市今橋町の豊橋公園で4日午前11時半ごろ、

イベントの会場のテントが強風で倒れ、

近くにいた小学1年の女の子(6)に当たり転倒しました。

なんとも痛ましい事故でしょう。

女の子はその際、両膝やおでこに軽いケガをしました。

警察によりますと、

倒れたテントは高さ2.2メートルの受付のテントで、

重りを結んでいた紐が強風で切れ、倒れたとみられています。

現場では「花交流フェア」と呼ばれるイベントが開催されていて、

女の子は飲食店が集まるブースの近くを歩いていた際に事故に巻き込まれたということです。

スポンサーリンク



なんでこんな事故が、、、

警察はテントの設置状況に問題がなかったか詳しく調べる方針とのことです。

これは、ややもすると大事故になっていた可能性が大きいです。

そもそも、強風が深江ていた時点でこういうことはあらかじめ

ある程度は予想できるはずです。

イベントの管理者もどういうつもりでいるんでしょうか?

ゴールデンウィークの真っ只中のこの

「花交流フェア」と呼ばれるイベントでせっかくのいい天気にも恵まれ、

楽しいイベントの最中にこんな悲惨でかわいそうな事故が起きるなんて、

せっかくの休日を楽しもうとこのイベントに来ていたこの家族の、

心中を察するにあたり、それは残念極まりないことであるでしょう。

このイベント管理者のイベントを管理するという意識に問題があると思います。

楽しくイベントを過ごしているみなさんの安全を常に考え、

喜んでもらうことが大切なんです。

イベント管理者の側としても、残念極まりないでしょう。

このことを教訓にして、

全国で楽しいイベントが繰り広げられて行くことを

願うばかりです。

唯一の救いといえば、被害に遭われた女の子が、

軽傷で済んだということでしょうか。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする