大阪市東成区で死亡事故!!現場はココ 連休で浮かれた事故か!!

またこの陽気のいい、せっかくのゴールデンウィークにこんな悲惨な事故の報道が、

飛び込んできました。

5日午前7時ごろのことです。

大阪市東成区深江南2丁目の国道308号(内環状線)の交差点付近で、

ワゴン車と軽乗用車が衝突し、

近くの歩道にいた奈良市三条大宮町の洋菓子職人秋田二郎さん(47)が巻き込まれ

て死亡しました。

スポンサーリンク



この事故の詳細

午前7時ごろ、

東成区深江南の交差点近くでの事です。

現場はこのあたりでしょうか。

追い越し車線を走っていた20歳の男性が運転する軽自動車が車線変更しようとしたところに、

隣の走行車線を走っていた19歳の男性が運転するワンボックスカーと衝突しました。

交差点の手前で衝突したはずみで、軽自動車は住宅の外壁に突っ込み、横転しました。

そして、ワンボックスカーは歩道に乗り上げたまま数十メートル進んで、

走行中の自転車とぶつかったということです。

想像したくもない悲惨な状況ですね。

この事故で、病院に搬送された10代から40代の男女8人のうち、

自転車に乗っていた、奈良市に住む菓子職人・秋田二郎さん(47)が死亡しました。

秋田さんは通勤途中だったということです。

2台の車に乗っていた7人はいずれも軽傷です。

警察と消防が事故の詳しい状況を調べています。

スポンサーリンク



なんでこんな、楽しいはずのゴールデンウィークにこんな事故が

この事故が起きたのは、午前7時ごろです。

犯行を起こした20才の男性は徹夜明けであったのでしょうか。

それともこれから、出かけるという状況であったのでしょうか。

被害者の洋菓子職人秋田二郎さん(47)もまさか出勤する途中で、

こんな事故に遭うなんて思いもよらなかったでしょう。

そもそもこの、20才の運転手は、車線変更を間違え、

隣の車線のワンボックスカーに衝突したという事です。

朝だから、朝日でも目に入ってしまったのでしょうか。

誰でも、そんな運転をする人はなかなかいません。

何人にも怪我をさせ、周りにも大迷惑なこの20才の容疑者も、

したくてこんなことをしたとは思えませんが、

自分の行っていることが、この先どうなるかよく

考えることが大切です。

これからお出かけで、楽しい気分であったかもしれませんが、

こんなことになってしったらもともこうもありません。

楽しいはずのゴールデンウィークを安全に過ごして行きたいものですね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする