加藤泰浩 顔画像徹底調査 飲酒運転で大阪府警の警察官 550m逃走!!

ゴールデンウィークの最終日の昨日。

いつもは,みんなを取り締まるはずの警察官が、なんと飲酒運転をし550mほど逃走しました。

酒気帯び運転などの疑いで逮捕されたのは、

城東警察署地域課に勤務する加藤泰浩容疑者(57)です。

スポンサーリンク



この事件の詳細

加藤容疑者は、非番だった6日午後3時20分ごろ枚方市津田南町の国道で、

自家用車を運転中に赤信号を無視したとして、

パトカーに停止を求められましたが逃走しました。

この後、およそ550メートル先の街路樹をなぎ倒し、さらに逃走を続けました。

そして450メートル先の歩道の柵にぶつかってようやく停止しました。

いくらこの加藤康浩容疑者も、自分が非番だったとはいえ、飲酒をして、

運転するのは、どう考えてもおかしいいとしか言いようがありません。

そして赤信号を無視までして、そして550mという距離を逃走し。

街路樹までなぎ倒して、、、、、

加藤容疑者の顔画像ですが、徹底的に調査しましたが、

残念ながら、特定には至りませんでした。

また情報がわかり次第追記したいと思います。

そして、

現場はこのあたりでしょうか、

スポンサーリンク



一体何を考えているんでしょう

事件があったのは午後3時20分ごろであります。

ゴールデンウィークの最終日の非番の日に大好きなあ酒を飲むこと自体は、

別に悪いことではありません。

しかし、自分の立場を忘れ、車を運転するという行動は、誰の目から見ても

ありえません。

普段、城東警察署地域課に勤務する加藤泰浩容疑者です。

交通課ではないので、アルコールの取締り方とかも

熟知していたのかもしれません。

そして、こういう人間はこれが最初ではなく、何回も飲酒運転をして

全然見つかることまなかったために、飲酒運転をつずけ、

今回のことに繋がったんではないかと思います。

つまりこれは氷山の一角であったということです。

550mもの長い距離をパトカーに追われ、街路樹までなぎ倒し、

それも時間的にも、真昼間であります。

周りの人はこのことを見て何を感じたのでしょう。

そして、張本人が警察官と知ってなんと思うでしょう。

警察へのイメージの崩壊は到底避けられません。

厳正なる処罰を求めたいと思います。

コチラはネットに寄せられた声です

  • gqj*****

    | 

    警察官の不祥事が連日取り上げられる中、各都道府県において、当然ながら注意喚起通達されていると思慮するところ、あまりにも短絡で職務認識が逸脱欠落している。

  • tom*****

    | 

    警察官で大きい家に住んでる人は
    たいがい悪い事をしているらしいです。
    それに警察官はロレックスの時計をはめてる方がやたら多いですよ。ちなみに警察官に直接聞いたら警察官は普段はあまりお金を使う事が無いからこのような事にお金を使う人が多いといってました。
    警察官にとっては酒気帯運転ぐらいする時はなんとも思ってないでしょう。…もっと見る

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする