石原さとみの熱愛相手の前田裕司の幼少期が壮絶!!

こんにちはsoraです!

長かったゴールデンウィークも終わり、社会人は仕事の方も始まり、

せわしない日々を過ごしています。

そんな天気も怪しいごく普通の日常に電撃的な、

「週刊文春」による報道がありました。

それは、あの石原さとみとカリスマIT社長の前田裕二との熱愛スクープでした。

でも、前田裕司さんも今の地位を築くまで色々有ったそうです。

スポンサーリンク



文春の熱愛報道とは!

以前、石原さとみさんは、ジャニーズ事務所の山下智久と結婚秒読みと噂され、

山下の親にも石原さとみさんとは会っていたといいます。

しかし、その山下さんも11才年下のモデルとハワイ旅行に行っていたことを、

「女性セブン」に報じられました。

そして、その後に、ジャニーズ事務所側からはすでに昨年秋に別れていたという説明がありました。

そして、「なりたい顔NO1」の石原さとみさんの今度のお相手は、

今をときめくカリスマIT社長の、「SHOWROOM」代表取締役の前田裕二氏(30)でありました。

二人はゴールデンウィーク直前の4月22日の夜に、石垣島の焼肉店で、合流し、

その後、地元のスナックに繰り出しました。

そうです!「SHOWROOM」の前田裕司さんはスナック大好きです。

彼のビジネスの発想はスナックからきているからです。

翌日、川平湾を遊覧を楽しんだ後、夕方、石垣港からフェリーで竹富島の高級リゾートホテルで2泊しました。

天候は、あいにくの雨でした。

満点の星空は見れませんでしたが、

深夜二人でプールサイドで水遊びをする姿があったそうです。

幸せそうですね。

スポンサーリンク



幼少期の前田祐二さん

ご自身の著書の「人生の勝算」のなかでご自身の幼少期のことを、

こう書かれています。

8才のときに両親を失なって以来、連続して、いくつかの逆境を経験しました。

その中でも、お金に関して不自由で有ったことは、自分自身大きなコ

ンプレックスでした。

与えられた環境や運命を、本気で恨んで、忌み嫌ったこともありました。

自分の不遇な運命を変えるために、とにかく稼ぎたい、お金を持って、

自由になりたいと、強く思うようになりました。

「人生の勝算」(幻冬社)より引用

両親を8才のときに失なって、10才離れた兄としばらく暮らすようになって、

しばらく転々とした後、親戚の家に引き取られたそうです。

しかし、うまく馴染むはずがありません。

最愛の母が存在しない世に、もはや生きる意味など見出せなかったそうです

そして、こう綴られています。

僕の心は、重たくて大きくて何かにぶつかってちりじりに割れたガラス片のように、

不規則に鋭く尖って、周りを近ずけませんでした。

想像を絶するほどの悲しさでしょうか。

そして、幼い前田祐二さんは小学生ながら、ギターを手にして大好きな歌を歌を、

ストリートで歌い始めました。

僕の経営者としての原点は、ストリートでの弾き語りです。

小学生の頃、」お金を稼ぎたくて、あらゆる方法を試しましたが、

自分にとってもっとも誇れる、幸福度の高い稼ぎ方が、路上パフォーマンスを

みてくださる観客のかたからお金をいただくことでした。

感動を受けた人が、感動を与えてくれた人に対して、直接お礼ができる。

そして、

感動の連鎖が起きる。

こんな素晴らしいことはないな、

と思いました。

「人生の勝算」(幻冬社)より引用

と、

小学生の頃に、ギターによる路上パフォーマンスでお金をいただくことに、

目覚め、そこから色々と工夫を凝らし、

お金を稼いでいう感動の素晴らしさを知っていくのでありました。

そして、そのことが、

現在飛ぶ鳥を落とす勢いの

『SHOWROOM』というライブ配信サービスの原点であるといいます。

実にピュアで仕事の対して実直である人だと思います。

そこを原点に今があるわけです。

そこからの石原さとみさんとの熱愛スクープですか!

この人の人生ドラマだらけですね!

幼少期の前田祐二さんを知っている人はこの熱愛スクープを、

どんな気持ちで見ているのでしょうか。

人の人生に、ドラマありですね!!

そんなところに石原さとみさんも惹かれて行ったのでしょうか!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする