尼崎市 マンション火事 画像アリ!最上階から赤い炎が!!

12日の夜に、こんな報道が、飛び込んできました。

兵庫県尼崎市のマンションで火事があり、住人とみられる2人が死亡しました。

マンションの最上階から赤い炎が立ち上り、現場周辺は騒然となりました。

とのことです。

すごいですね。

実際の映像です。

すごいですすね。

こんな映像。

スポンサーリンク



この火事の詳細

12日午後9時40分ごろ、

尼崎市神田北通1丁目にある12階建てマンションの最上階の1室から火が出ているのを、

同じフロアの住人が見つけ消防に通報しました。

現場はこのアタリでしょうか。

火は約2時間後に消し止められましたが、最上階の1室が燃えました。

【マンション10階の住人】
「下の階の人は逆に(階段を)上がってきてしまったり、

(火元が)どこかわからないから、それでお互いぶつかったりとかして」

この火事で火元になった部屋から住人とみられる性別不明の2人の遺体が見つかりました。

警察は身元の確認を進めるとともに、出火の原因を調べています。

他にけが人はいませんでしたとのことです。

この火事は、午後9時40分ごろ、最上階の同じフロアの住人の消防への通報によって

知らされました。

最上階が燃えるなんて、ちょっとあまり見かけない珍しい火事ですね。

スポンサーリンク



高層マンションの火事への対応

ちなみに、なんですがこういう高層マンションの火事への対応とは、

どういう風に消防が、消火させていくかご存知ですか?

まさか、はしご車で?

とか考えがちですが、そんなことはできないでしょう。

まさか、ホースを伸ばして?

まあそれに近いですが、

そもそもマンションを建設するときに、

消防専門の水道の配管というものを、最上階まで最初から設置し、

まさかの火事に備えます。

そのマンションで、火災が起きなければ、その消防専門の水道の配管は、

使用されることはありません。

私の知り合いでそういう仕事をしていた人がいて、

その消防専門の水道の配管は使われないに越したことはないと言っていました。

つまりこの、尼崎市の火事も、そんな消火の仕方で、

たった2時間で鎮火に至ったと言います。

まさに、消防配管のおかげでしょう!

それでも二人の住民とみられる方の犠牲者が出てしまったということで、

残念極まりないところではあります。

最上階での火事というところがネックであったのでしょうか?

でもマンションの住民のパニックになる心理も分からなくはないです。

私たちもこんな陽気がよくなりましたが、

そこで逆に、火事についての認識を改めた方がいいのでしょうかね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする