正田宜和顔画徹底調査!!トラックの後輪で ひき逃げ死亡事故!!

5月13日に、こんな報道が流れてきました。

大阪府守口市で、

バイクで転倒した男性をひき逃げした疑いでトラック運転手の男が逮捕されました。

男性は死亡してるとのことです。

トラックの後輪で引いてしまったので気ずかなかったんでしょうか

スポンサーリンク



この事件の詳細

ひき逃げの疑いで逮捕されたのはトラック運転手の正田宜和容疑者(35)です。

12日、守口市大日町でトラックを運転中にバイクで転倒した男性(20)をひいた

にも関わらず、

立ち去った疑いが持たれています。

男性は死亡し、目撃情報などから、転倒した瞬間にトラックの後輪にひかれたとみられます。

調べに対して正田容疑者は「何かを踏んだ感覚はあったが、

他のトラックが落とした荷物だと思った」と供述して、容疑を否認しています。

警察は過失運転致死の疑いも視野に捜査しています。

また、正田宜和の顔画像をフェイスブック、Twitterなどで徹底的に調査いたしましたが、

残念ながら特定には至りませんでした。

またわかり次第、追記していきたいと思います。

現場はこのアタリでしょうか

スポンサーリンク



この事故の裏側には

この事件の容疑者の正田宜和容疑者(35)という男は、

年齢的にもまだ若いです。

なので身体機能的に考えても、高齢者がするようなミスは考えにくいと思います。

そして事故当時に、

「何かを踏んだ感覚はあったが、

他のトラックが落とした荷物だと思った」と供述しています。

トラックという乗り物は、普通の乗用車よりも大きい乗り物です。

なので、普通に道路を走っていても、道幅をとります。

逆に、バイクは道の左側をも申し訳なさそうに、走っています

現場と考えられる画像です

現場はこのような道でしょうか。

このような道を、トラックで走っていて、

横にバイクが、走っていたら完全にバックミラーで確認できると思います。

また、バイクが転倒した原因もこのトラックの運転によるものだとも考えられます。

多分、ミラーでバイクの存在を確認していて、

そして、転倒したのも確認していて、そしてバイクの被害者を引いた

ことも実は、認識していた可能性は大きいです。

まさに、「ひき逃げ」かもしれません。

トラックを毎日仕事として運転するドライバーは常に、

自分の走っている道路状況を常に確認しながら運転しなくてはいけないと思います。

そういう人が、ほとんどで当たり前です。

多分この、運転手の過失が大きいでしょう。

被害者さんのご親族の悲痛は大きいものでしょう。

警察による、この正田宜和容疑者に厳粛な対応を願うばかりです。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする