山田ルイ53世の文才の才能で、一発屋からルネッサ〜ンス!?

こんにちはsoraです!

最近、髭男爵という芸人のちょっと太めの方の「山田ルイ53世」という

芸人んがちょこちょこ、色々なメディアに登場してきていますね。

「ワイドナショー」や、ミヤネ屋でその姿を見かけるようになりました。

なんでも、「第24回 編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」の作品賞を受賞し、話題となっているらしいのです。

スポンサーリンク



髭男爵の、山田ルイ53世ってどんな人だっけ

まず、髭男爵とは、芸能事務所のサンミュージックに所属しているお笑い芸人で、

メンバーの方は、「山田ルイ53世」と「樋口くん」によるコンビであり、

過去に、一瞬だけブレイクした芸では、

山田が、近世ヨーロッパ貴族のような衣装を身にまとい、

樋口くんは、緑地の召使いの衣装を身にまとい、

「ルネッサ〜ンス」といい、ワイングラスにファンタグレープを入れ、いかにも

ヨーロッパ貴族のような装いで、

「どうも貴族です!」

というところから芸は始まるのでありました。

愛媛県で営業を行っていた際にはご当地の、ポンジュースが、

ワイングラスの中身になっていたようであります。

一方、樋口くんのギャグでは、「ひぐちカッター」というギャグがあり、

これは、

ちょっとお茶の間のみなさも、あまり意味がわからずに、ちょっとスベっていた印象があります。

「エンタの神様」や「爆笑レッドカーペット」で、一瞬だけ、プチブレイクしていたのを、

記憶している人も少なくはないと思います。

でも、どこか好感のもてる芸人さんであったような感じです。

なんでも山田ルイ53世こと山田順三は、中学の時にな、なんと偏差値が73もあり

神童と彼の周りでは呼ばれていたそうであります。

また同級生にいじめられた経験もあり、20才まで引きこもりの生活をしていたようであります。

見た目にそぐわず、結構デリケートなんですね!

また髭男爵としてプチブレイクした当時も、多額の借金があった山田ルイ53世でありまして、債務整理の経験もあるようです。

そして、

2015年には自らの引きこもり体験を描いたエッセイ『ヒキコモリ漂流記』を出版し、現在もwithnewsをはじめいくつもの媒体に連載を抱える“売れっ子作家となり

数々の一発屋芸人たちを描いたノンフィクション「一発屋芸人列伝」が、このたび第24回「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」作品賞に輝いた。

yahooニュースより出展

とこんな流れで現在に至っております。

(youtubeより引用)

スポンサーリンク



そして文才でルネッサ〜ンス

そうです。

髭男爵の山田ルイ53世は、しばらくの間、お茶の間から姿を消していたと思っていたら、以外な方向から皆さんに新しい自分の才能というもので、

再び、お茶の間の皆さんを驚かせているようです。

メディアの露出も最近は多く、「ダウンタウン」の松本人志さんのワイドなショーや、ミヤネ屋でのコメンテーターとしての、出演などがあり

またこれからもどんどん増えていくのでしょう!

一時はテレビというメディアから姿を消していた山田ルイ53世ですが、

文才という才能で、ご自身に

『ルネッサン〜ス』

を起こしました!!

そもそも、「ルネッサンス」とは、

ルネサンスRenaissance[† 1][† 2])は「再生」「復活」を意味するフランス語であり、一義的には、古典古代ギリシアローマ)の文化を復興しようとする文化運動であり、14世紀イタリアで始まり、やがて西欧各国に広まった(文化運動としてのルネサンス)。また、これらの時代(14世紀 – 16世紀)を指すこともある(時代区分としてのルネサンス)。

(ルネサンス – Wikipediay より引用

つまり、

『再生、復活』

を意味する言葉であります。

まさに、山田ルイ53世は、文才という才能で

第24回「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」作品賞に輝き、

自分に「ルネッサ〜ンス」を起こしたのであります。

過去に、引きこもり、債務整理、などの人生の荒波を乗り越え、

一時はテレビなどのメディアで、プチブレイクし、この世になを馳せたものの

それも長続きせず、、、、、

しかし、こ今回の受賞によって、ご自身の新たな道を開拓し、

さらなる可能性を広げるのでありました。

これからの一層の活躍を願ってやまないところであります!

私たちも、夢を諦めずに、

自分に、

『ルネッサ〜ンス』

を起こしていきたいものですね!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする