北海道で不審火相次ぐ!!恨みを持った連続放火の思惑とは!!

こんにちはsoraです!

なんとまあ、こんな物騒な事件が起きていました。

12日夜から、13日未明にかけて、

北海道の後志の岩内町と共和町で、空き家が燃える火事が相次ぎ、

警察は放火の可能性も視野に火が出た原因を調べています。

燃えていたのは空き家ですが、不審火ということで周囲の人たちは警戒が必要ですね。

スポンサーリンク



この相次ぐ不審火の詳細とは

13日午前2時45分ごろ、岩内町栄で、2階建ての空き家が燃える火事がありました。

火はおよそ2時間後に消し止められましたが、火元の建物は全焼し、隣り合う建物の

車庫や車2台なども燃えました。

この家は、数年前から空き家になっていたということです。

また、12日午後11時20分ごろには、

およそ2キロ離れた共和町梨野舞納の2階建ての建物でも火事があり、火元の建物がほ

ぼ全焼しました。

警察によりますと、この建物はホテルでしたが、数年前で営業を終えていました。

いずれも出火当時人はおらず、火の気もないことから、警察は放火の可能性も視野に

出火原因を調べています。

とりあえずは、被害者が出ていないことが何よりです。

スポンサーリンク



この犯人の思惑とは

この相次ぐ不審火はちょっと怖いですね。

いつか、私の家もなんてつい考えてしまいますね。

私が思うこの犯人の思惑ですが、

この相次ぐ、2件の不審火は、両方とも幸いにも空き家でありました。

つまりこの犯人の目的は、何か恨み、ストレスなどがあり、

その発散方法として、空き家に放火という行動に走っていると思います。

人をなんとかしようとする勇気がない犯人であると思います。

もし、本当にそういう気があれば、真っ先に人が、たくさんいる場所に、

放火、という犯行をしていったのではないのでしょうか?

そこから考えてみると、

あまり勇気がない小市民的な犯人なのではないのでしょうか?

しかしながら、放火というのは立派な犯罪です。

警察の捜査によって一刻も早く犯人が捕まることを願うばかりです!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする