昭和村川額の県道で死亡事故!自転車で車にはねられ!!

こんな交通事故がおきてしまいました。

15日午前8時40分ごろ、

群馬県の昭和村川額の県道で、自転車に乗っていた沼田市戸鹿野町の大嶌美枝子さん(57)が

対向の乗用車にはねらレました。

大嶌さんは病院に搬送されたが、胸の骨などを折り、外傷性ショックで死亡されました。

自転車と車では勝ち目は自転車にはないですね。

スポンサーリンク



この事件の詳細

とりあえず事故現場です

そして、事故現場周辺の画像です

とこんな感じの道路状況ですね。

昭和村川額の県道での事故ですので、こんな狭い道路幅での事故とみられます。

自転車に乗っていた沼田市戸鹿野町の大嶌美枝子さん(57)が対向の乗用車にはねられたとのことなんで、

この事故のおきた時間も、15日午前8時40分ごろということです。

視認的には、朝であることから、道幅は狭いですが、太陽は出ているし明るかったということでしょうか。

つまり寝起きの、寝ぼけ眼での運転であった可能性も大きいと思います。

大嶌さんは病院に搬送されましたが、胸の骨などを折り、外傷性ショックで死亡しました。

田舎絵の運転というのはつい気を抜いてしまいます。

人も少ないし、のどかだし、

しかし、逆にそそういうところにこそ、事故の危険は潜んでいるようであります。

朝方のこの事故です。

被害者の大嶌美枝子さん(57)もまさか朝からこんななんて思ったでしょう。

運転というのは、夜中とか、仕事の帰りとか、気をぬくような場面の方が多いと聞きます。

家に帰るまで、気を抜かないで何もない毎日を願うばかりですね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする