斎藤優士顔画像徹底調査!女子学生マニアの尾行の末に犯行か!?

5月18日にこんな報道がありました。

女子大学生宅に侵入して胸を触るなどしたとして、

神奈川県警捜査一課などは17日、住居侵入と強制わいせつの容疑で、

小田原市飯田岡の塗装工、斎藤優士容疑者(28)を逮捕しました。

斎藤容疑者は「覚えがない」などと容疑を否認しているとのことです。

スポンサーリンク



事件の詳細とは

逮捕容疑は、昨年9月19日午前1時半ごろの話です。

秦野市に住む当時大学1年の女子学生(19)の自宅に侵入して、

女子学生の服の上から胸を触るなどのわいせつな行為をしたとしています。

警察によると、斎藤容疑者は帰宅途中の女子学生を尾行し、玄関のドアが開いたところで部屋に侵入し。

犯行に及んだということです。

抵抗されてドアを閉められると、

そのまま逃走していました。。女子学生宅はオートロックなどがないアパートでありました。

秦野署のほか、伊勢原署や厚木署の管内でも昨年9月ごろから若い女性を狙った同様の事件が起きており、

今年3月から3署が合同で捜査していたということです。

周辺の防犯カメラの映像や聞き込みなどから斎藤容疑者が浮上しました。

同課はほかにも数件、余罪があるとみて警察は調べを進めています。

また斎藤容疑者の顔画像をフェイスブック、Twitterなどから徹底的に

調査いたしましたが、残念ながら特定には至りませんでした。

またわかり次第、追記していきたいと思います。

スポンサーリンク



女子学生マニアの犯行か?

この犯行の逮捕容疑は、昨年9月19日午前1時半ごろの話です。

つまり犯行が行われたのは、昨年の9月の話でそこから、この犯行が警察によって密かに

行われていたということです。

そして、周辺の防犯カメラの映像や聞き込みなどから斎藤容疑者が浮上したのに、

警察はほかにも数件、余罪があるとみて調べを進めていたとのことで、

昨年の、9月以来しばらくの間警察は、この斎藤容疑者を調査しつずけていたということです。

そして、昨年の9月19日の午前1時半頃に女子学生を後ろから尾行し、

ドアがあいた瞬間にその女子学生の家に侵入して犯行に及んだということです。

警察にとってはまさに、飛んで火にいる夏の虫というところであったのでしょうか。

つい我を忘れたかのように、犯行をくり返していた斎藤容疑者でありますが、

そんなの世の中があまくはありません。

なんのために警察がいるのでしょう。

ストレス解消の場所はどこにでもあるはずです。

そんな、ちょっとした発想の変換ができなかったんでしょうか。

この事件に遭われた方の気持ちを考えると、心が痛いです。

再びこんな事件が起きないように、願うばかりです。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする