神戸市東灘区 キャッシュカード取られる!警察官が新手の詐欺か!?

何んとまたこんな事件が起きてしまいました。

8日夜、神戸市東灘区の無職男性(69)が

「キャッシュカード10枚をだまし取られたようだ」と東灘署に届けでました。

同署が窃盗事件として捜査している。とのことです。

この事件は、どのようなことなんでしょうか。

スポンサーリンク



事件の詳細

東灘署によると、5月17日午後、

自宅に警察官を名乗る男から「詐欺集団が逮捕され、あなたの偽造カードが発見されている」

「警察官を行かせるので、キャッシュカードと暗証番号を書いたメモを渡して」などと

電話がありました。

通話中に警察官を名乗る男が自宅を訪れ「カードを封筒に入れて封印してくださ

い」などと指示され、

男性の妻がキャッシュカード10枚とメモを封筒に入れた。妻が目を離した間に、

男が持ってきたとみられる別の封筒に差し替えられたという。

男性が18日になって、口座から金が引き出されているのをインターネットから確

認し、同署に届け出ました。

スポンサーリンク



この事件の背景

この事件は、新手の詐欺と言えるかもしれません。

警察官を名乗り、この被害者のカードを奪い取るという策略に長けた

巧妙な手口でこの犯行を犯しました。

私たち市民が信頼している警察官になりすまし、

この神戸市東灘区の無職男性(69)からキャッシュカードを奪い取りました。

しかし、

この被害者も、いくら警察だからといっても信用しすぎな部分があるんじゃないかと思います。

しかし、詐欺というものは人の弱みに漬け込んで来るもので、

到底許されるものではありません。

警察官を装い、人を騙すなんてどれだけ、良心のない犯行でしょうか。

こういう犯人は悪知恵が働くのでありましょう。

その知恵を他に使って何とか人の役に立つということなどを考えたことはないのでしょうか。

とにかく早く犯人が捕まってほしいと思います。

警察にこのような犯罪の撲滅を願うばかりです。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする